ビジネスに役立つ情報サイト。 ヤマダ電機法人営業部と連動し、中小企業に役立つ経営情報やIT情報を発信します。

RSSfeed

2016.05.31 (シャニム55号掲載)

3D Systems ProJet MJP 2500シリーズ

 業務用タイプ

精密造形を実現! コンパクトな最新プロ向けモデル

56-01

 

オフィスにも設置が可能
業務用としてはコンパクトながら、高品質造形を可能としたモデルである。導入しやすい価格帯が実現されており、デスクトップタイプの3Dプリンターから業務向けのプロフェッショナルモデルへのステップアップに最適だ。

高精細な造形を実現するMJP技術
独自のマルチジェットプリンティング(MJP)技術が、高速出力を実現。造形物の表面は滑らかな仕上がりで、光造形にも匹敵する高精細なパーツを作成できる。

エラストマー材料にも対応
耐久性に優れたプラスチック樹脂に加え、「2500 Plus」ではエラストマー材料も使用可能。また、「MJP Easy Clean」システムにより、ワックスサポート材の除去作業も簡単に行える。高速出力とあいまって、短時間での造形が可能となる。

 

■造形方式:MJP ■造形モード:HD―ノーマル(高解像度) ■造形エリア(X×Y×Z):294×211×144mm ■積層ピッチ:32μ(0.032mm) ■解像度(X×Y×Z):800×900×800dpi ■精度(参考):25.4mmあたり0.1016mm ■造形マテリアル:VisiJet RWT/RBK、2500plusはVisiJet RCL/VisiJet EBK/ENTにも対応 ■サポートマテリアル:VisiJet M2 Support Material ■入力データ形式:.stl/.ctl/.obj/.ply/.zpr/.zbd/.amf wrl/.3ds ■本体サイズ:W117×D741×H1061mm ■本体重量:211kg

 

関連記事はこちら

 

goods_icon.gif