ビジネスに役立つ情報サイト。 ヤマダ電機法人営業部と連動し、中小企業に役立つ経営情報やIT情報を発信します。

RSSfeed

2016.05.31 (シャニム55号掲載)

商品研究1 ビジネスプリンター 製品紹介

 

 OKIデータ A3カラー複合機 COREFIDO MC863dnwv

 セルフメンテを徹底サポート! クラウド連携で安心

メンテナンスバリアフリー設計で操作が簡単
COREFIDOシリーズの第3世代サービス「COREFIDO3」に対応。「新世代オペパネガイダンス」「クラウドガイダンス」「リモートメンテナンスサポート」という3つの充実したサービスが、複合機の使用をきめ細かくサポートする。

ユーザーを支えるクラウドメンテナンス
さらに、同社のクラウドサーバー経由で「クラウドメンテナンスプラットフォーム」が提供される。専用Webやアプリによる最適な対処方法の提示、クラウド経由でのオペレーターによる適切なメンテナンスサポートなどが、保守員に頼ることのないセルフメンテナンスを実現。ダウンタイムの削減が可能だ。

5年間の長期無償保証*1)サービス
大好評を博している5年間の長期無償保証サービスにも対応。導入から5年間は、故障を無償で修理する「5年間無償保証」とメンテナンス品が寿命を迎えた場合に無償交換してくれる「メンテナンス品5年間無償提供」の2つの保証が適用される。負担の大きい保守料の削減につながる。

詳しくはこちら

 

 ブラザー A3カラー複合機 PRIVIO MFC-J6973CDW

 受信ファクスの共有実現! 多彩なクラウド連携モデル

40-01s 印刷、コピー、スキャンのすべてがA3対応
同社の複合機&プリンターの開発コンセプト「狭い場所で高い生産性を発揮」を具現化した、省スペースのA3カラー複合機。レーザー機に比べて圧倒的にコンパクトな筐体ながら、プリントはもちろん、コピーもスキャナーもコア機能はすべてA3原稿にフル対応している。

充実のモバイル&クラウド機能
モバイル端末との連携ではほとんどの規格に準拠しており、幅広い環境に適応できる。さらに、クラウドサーバー経由で提供される様々な機能を搭載。スキャンデータをオンラインストレージへ転送する以外にも、受信ファクスを社内外で共有できる「ファクスtoクラウド転送」などドキュメントの多彩な活用を可能とする。

インクジェットの利点とビジネス品質を両立
標準インクタンクの2倍(ブラックは4倍)という大容量カートリッジと印刷時のインク消費効率の改良により、低ランニングコストを実現。快適なプリントスピードやファーストプリントタイム、インクジェットとして圧倒的な耐久枚数10万枚など、安心してビジネスで使える品質を持つ。

詳しくはこちら

 

 キヤノン A4カラーレーザー複合機 Satera MF726Cdw

 操作性&モバイル連携を強化! ハイスペックA4機

43-01s 3.5インチカラー7行液晶タッチパネル
漢字やアイコン表示に加え、アニメーションによるナビゲートが分かりやすい大型液晶パネルを搭載。タッチ操作により、迷いなく直感的に扱える。業務に合わせて、利用頻度の高い設定をメニューボタンに割り付けてホーム画面上に追加できるので、日常業務の効率化が可能だ。

モバイル端末をフル活用
標準装備の無線LANはセットアップが簡単。さらに、Wi-Fiルーターがなくとも本器とモバイル端末との接続を可能にする独自の「アクセスポイントモード」を搭載している。iOS対応なので、汎用規格のWi-Fi Directよりも利用範囲が広い。様々な規格に準拠し、最新のNFCにも対応するので、将来も安心である。

複合機としての高い完成度
実用に申し分のない連続出力スピードに加え、独自オンデマンド定着方式によりリカバリータイムが短いので1枚目もスピーディーに出力。急ぎの印刷やコピーにも素早く対応できる。さらに、両面プリント&コピーに両面スキャンなどのハイスペックがビジネスに役立つ。

詳しくはこちら

 

 エプソン A3カラー複合機 EW-M660FT

 エコタンク搭載! カラー1枚約0.8円の低コスト機

41-02s エコタンク搭載で多機能
従来のインクカートリッジ方式ではなく、本体横に装備された大型タンクからインクを供給するモデル。海外では人気の定番タイプが国内にも登場した。複合機としての機能も申し分なく、モバイル端末との連携やクラウド機能も充実しており、最先端モデルがほしいSOHOや小規模事業者にお勧めだ。

約2年間分のインクを同梱
本体購入時の同梱インクだけで約1万1300ページ(モノクロなら約1万1000ページ)のプリントが可能。A4カラー文書を月間300ページ印刷した場合、約2年にわたってインクを追加購入せずに使い続けることができる。しかも、大容量ボトルによる補充なので、インク交換の手間や資源消費の削減などにもつながる。

圧倒的な低ランニングコストがお得
同梱されている大容量ボトルのインクを使い終えても、インクボトルを追加購入できる。一度の交換でカラー約6500ページ、モノクロ約6000ページの大量プリントが可能で、1枚当たりの印刷コストはカラー約0.8円/モノクロ約0.4円と断然お得。費用を気にせず使える。

詳しくはこちら

 

 

<<前へ  | 次へ>>

記事一覧に戻る