ビジネスに役立つ情報サイト。 ヤマダ電機法人営業部と連動し、中小企業に役立つ経営情報やIT情報を発信します。

RSSfeed

2016.02.29 (シャニム54号掲載)

複合機&単機能プリンター 2

 

 エプソン A3カラー複合機 EW-M660FT

 カラー約0.8円! 圧倒的な低ランニングコスト機

41-02sエコタンクを搭載
カートリッジ方式ではなく、本体横に装備された大型タンクからインクを供給する「エコタンク搭載複合機プリンター」だ。海外では定番タイプのモデルが国内にも登場した。

2年間インクの追加コストが不要
導入時に2年分(A4カラー文書、月間300ページ印刷した場合を想定)のインクを同梱。トータルでカラープリントは約1万1300ページ、モノクロなら約1万1000ページを印刷できる。インク交換の手間や資源消費の削減が可能だ。

印刷コストも驚きの安さ
同梱されている大容量ボトルのインクを使い終えても、インクボトルを追加で購入できる。しかも、1枚当たりのインクコストはカラー約0.8円/モノクロ約0.4円と断然お得だ。費用を気にせず使える。

詳しくはこちら

 

 ブラザー A4モノクロ複合機 JUSTIO MFC-L2720DN

 毎分30枚&自動両面印刷! 高性能なスタンダード機

42-01s大量印刷、少数プリントとも快適
スタンダードクラスながら高速プリントエンジンの搭載により、毎分30枚の印刷スピードを実現。ファーストプリントは約10秒と起動も速い。自動両面プリントとページレイアウト印刷を備えているので、用紙コスト削減にも効果的だ。

操作やメンテナンスが簡単
モノクロ機では操作画面の表示も白黒が多いが、本機には視認性に優れた2.7型カラー液晶タッチパネルが搭載されている。また、給排紙やトナー交換はすべて本体前面で操作できるので、メンテナンスが容易で省スペース化にも役立つ。

経済的な分離型トナー&ドラム
トナーとドラムには、別々に交換することで部品をムダなく使い切れる分離方式を採用し、環境負荷の軽減と1枚約3円の低ランニングコストが実現されている。

詳しくはこちら

 

 OKIデータ A3カラー単機能 COREFIDO C811dn

 カラーもモノクロも35PPM! 世界最小の高速モデル

限られたスペースでも高い生産性
高性能と使いやすさの両立を追求した世界最小(*2)A3機。カラーとモノクロとも毎分35枚、自動両面時も毎分27ページと高速だ。

増設トレイで大容量給紙に対応
コンパクトな設置面積ながら標準給紙枚数は430枚。さらに、別売オプションのセカンドトレイを3段まで増設でき、最大2080枚を収納できる。

5年間長期無償サービス(*1)で導入後も安心
導入から5年以内に発生した故障を無償で修理する「5年間無償保証」と、5年以内にメンテナンス品が寿命を迎えた場合に無償提供してくれる「メンテナンス品5年間無償提供」が適用される。負担の大きい保守料削減と安心の両立が可能だ。

詳しくはこちら

 

 キヤノン A3モノクロ単機能 Satera LBP8100

 毎分30枚&大容量給紙! 共有プリンターに好適

42-02sSateraの人気A3モノクロ機が進化
本機は、同ブランドのロングランヒット機だったLBP3500の後継モデルである。スリープ時0.7W、TEC値1.6kWhなど得意の低消費電力はそのままにスペックアップ。生産性が飛躍的に向上した。

モノクロ30PPM、自動両面はオプション対応
印刷速度は毎分30枚で、オプション対応の自動両面プリントは同26.7ページと高速。共有機として使用すれば、出力業務を快適にサポートしてくれるはずだ。

大容量&低コストで共有をサポート
標準給紙容量は350枚だが、別売オプションのカセットを3段追加することで給紙枚数を2000枚まで拡大可能。さらに、ランニングコストは1枚当たり約2.6円と経済的なので、印刷ボリュームが多い用途にも安心して使うことができる。

詳しくはこちら

 

 OKIデータ A4カラー単機能 COREFIDO C312dn

 24PPMと5年保証! 快適&安心のベーシック機

43-01s印刷ボリューム1枚からでも快適
カラー毎分22枚、モノクロ同24枚と枚数の多い印刷が快適。さらに、2枚までの少数印刷では、トナーの定着温度を自動制御する「インテリジェント・クイックプリント」機能により、出力の待ち時間を短縮できる。

ビジネス向け機能を搭載
POPやポスター、見開きグラフなどを作成できる長尺印刷(最大1320.8×215.9mm)や、モノクロトナーだけでもプリント可能な機能などが業務にも役立つ。

5年間長期無償サービス*1で導入後も安心
導入から5年以内に発生した故障を無償で修理する「5年間無償保証」と、5年以内にメンテナンス品が寿命を迎えた場合に無償提供してくれる「メンテナンス品5年間無償提供」が適用される。負担の大きい保守料削減と安心の両立が可能だ。

詳しくはこちら

 

 

<<前へ  | 次へ>>

記事一覧に戻る

 

 

 

    goods_icon.gif