ビジネスに役立つ情報サイト。 ヤマダ電機法人営業部と連動し、中小企業に役立つ経営情報やIT情報を発信します。

RSSfeed

2016.02.29 (シャニム54号掲載)

エプソン PX-M5041C7

A3カラー複合機

優れたコスト削減力! 年間約20万円をカット

 

印刷も電気代も低コストを実現
ランニングコストは、カラー1枚あたり約7.6円/モノクロ同2.5円と経済的。同社試算によると、年間で約20万円もコストを減らせるという(同社A3カラーレーザー複合機との比較)。低消費電力も特徴で、総合的にコストを削減できる。「お得祭り」対象モデルだ。

カラー10ipm/モノクロ18ipmと快速印刷
新開発の「PrecisionCore(プレシジョンコア)」をプリントヘッドに採用することで高速と高耐久を実現した。解像度600dpiや優れたカラーマッチング技術、全色顔料インクなどにより、細かい文字や設計図も高画質で鮮明な描写だ。

ファクス機能も強化
ファクス原稿を確認した上で送受信できる機能や、受信文書を任意の宛先へ自動転送できる機能など、ファクスの使い勝手向上にも力を入れたモデルである。

■インク:4色(CMYK)顔料 ■印刷速度:カラー10ipm/モノクロ18ipm ■自動両面プリント ■コピー速度:カラー8.8ipm/モノクロ16ipm ■ファーストコピータイム:カラー21秒/モノクロ8秒 ■有線/無線LAN ■給紙容量(標準/最大):500枚/501枚 ■ADF:最大35枚/両面スキャン ■消費電力:動作時約19W/レディー時約8.5W/スリープ時約1.7W ■耐久枚数:8万ページ ■本体サイズ:W567×D486×H418mm ■質量:約21.8kg ■印刷コスト:カラー約7.6円/モノクロ約2.5円

 

 メーカー商品ページ

関連記事はこちら

 

goods_icon.gif