ビジネスに役立つ情報サイト。 ヤマダ電機法人営業部と連動し、中小企業に役立つ経営情報やIT情報を発信します。

RSSfeed

2015.11.30 (シャニム53号掲載)

商品研究3 3Dプリンター 製品紹介

 

 MUTOH FDM方式 Value 3D Magix MF-2200D

 抜群の安定感! デュアルヘッド搭載した純国産機

57-01s2基の高速プリントヘッド&大型造形エリア
安定した熱容量と軽量化により高速化を実現した自社開発のプリントヘッドを2基搭載。造形エリアは普及クラス最大級の30cm四方なので、大型試作品をスピーディーに造形できる。

新マテリアル「PVA」や「メタルライク樹脂」に対応
マテリアルはABS/PLAに加え、新材料の水溶性サポート材「PVA」も使える(※)ので、複雑な造形物の作成が可能だ。金属の質感を再現することができる「メタルライク樹脂」や、軟性が高い「SB樹脂」などにも対応しており、質感を重視した試作品の作成が可能だ。

XYZ制御技術をいかした抜群の安定度
図面作成用ドラフターなどの最大手メーカーとして培った技術をベースに高剛性ボディを実現し、ヒーター付き成形テーブルやダブル冷却ファンなどを搭載。造形ミスを大幅に削減できる。

詳しくはこちら

 

 3D Systems FDM方式 Cube Pro Duo

 複雑な形状や2色造形も! 定番ブランドの上位機

57-02s「Cube Pro」シリーズの2ヘッドタイプ
普及機クラスの定番ブランドCubeの上位カテゴリーに位置づけられている「Cube Pro」シリーズ。本機は2ヘッドを搭載することで、2色造形に対応したモデルである。

充実したマテリアルによる多彩な造形が可能
基本のABS(24色)/PLA(25色)マテリアル、さらにナイロン材料も3色が用意されている。INFINITY水溶性サポート材の使用(※)により、複雑な造形が可能だ。※主材料がPLA時に使用可能

Wi-Fi機能を搭載、優れた操作性
出力ファイルデータの転送は、USBだけでなくWi-Fiにも対応。PCはもちろん、アプリを使ってスマートフォンやタブレットからもプリントできる。本体にはカラータッチスクリーンが搭載されており、端末との接続も簡単で分かりやすい。

詳しくはこちら

 

 

<<前へ  | 次へ>>

記事一覧に戻る

 

 

 

    goods_icon.gif