ビジネスに役立つ情報サイト。 ヤマダ電機法人営業部と連動し、中小企業に役立つ経営情報やIT情報を発信します。

RSSfeed

2015.02.28 (シャニム50号掲載)

3D Systems Cube 3

 PJP方式

デュアルヘッド搭載で2色試作や複雑な造形も!


 

定番モデル「Cube」の第三世代機
エントリークラスをけん引する「Cube」シリーズの第三世代機となる最新モデル。本試作前の試作や形状確認、オリジナルグッズ作成といった業務利用から、フィギアや模型パーツなどコンシューマーの趣味向けなど幅広い用途に適している。

2色出力、サポート材が必要な造形に対応
出力ノズルと材料が一体化した独自のマテリアルノズル方式の採用により、目詰まりしにくい。デュアルヘッド搭載で2色カラー出力やサポート材が必要な造形にも対応可能だ。

スマートな使い心地
プリントファイルデータ転送方式はUSBとWi-Fiに対応。PCと接続しなくとも出力できるので、スッキリとした造形環境を構築できるなど、使い勝手にもこだわっている。

 

■造形方式:プラスチック・ジェット・プリンティング(PJP)方式 ■最大造形サイズ:X152×Y152×Z152mm ■最小積層ピッチ:70μ(0.07mm) ■最大積層ピッチ:200μ(0.2mm) ■マテリアル:ABS/PLA(各23色) ■プリントヘッド数:デュアル ■入力データ形式:STL ■外形寸法:W335×D338×H280mm ■本体重量:7.7kg

 

 メーカー商品ページ

関連記事はこちら

 

goods_icon.gif