ビジネスに役立つ情報サイト。 ヤマダ電機法人営業部と連動し、中小企業に役立つ経営情報やIT情報を発信します。

RSSfeed

2016.02.29 (シャニム54号掲載)

XYZプリンティング ノーベル1.0

3Dプリンター

微細造形が可能! エントリークラスの光造形モデル

60-01

 

光造形機では驚きの20万円台
熱融解積層方式よりも高精細に造形できる光造形方式の3Dプリンターは、これまで価格が導入の障壁だった。本機は、メーカー小売価格22万9800円(税込)というリーズナブルなイニシャルコストを実現。光造形機を気軽に導入できる。

精密造形で広がるビジネス活用
積層ピッチは25μ~100μ、造形エリアも十分なスペースが確保されており、建築やデザイン事務所でのモデル作成、製造業での試作など幅広く使える。

初心者にも使いやすい安心サポート設計
造形材料(レジン)の自動充てん機能や紫外線による汚染を防ぐUV保護安心設計、専用ユーティリティソフトの同梱など、誰もが簡単便利に使えることも特徴だ。

■造形方式:光造形(SLA:stereolithography apparatus)方式 ■レーザー:405nmクラス1 UV(紫外線)レーザー ■最大造形サイズ:W128×D128×H200mm ■積層解像度:25μ(0.025mm)/50μ(0.05mm)/100μ(0.1mm) ■マテリアル:光硬化レジン ■ファイルフォーマット:STL/3W ■消費電力:約60W ■外形寸法:W280×D337×H590mm ■本体重量:9.6kg(レジン500gを含む)

 

関連記事はこちら

 

goods_icon.gif