ビジネスに役立つ情報サイト。 ヤマダ電機法人営業部と連動し、中小企業に役立つ経営情報やIT情報を発信します。

RSSfeed

2015.02.28 (シャニム50号掲載)

3D Systems ProJet 3500SD/HDシリーズ

 MJP方式

高速&高精細! 活用範囲が広いプロ向けモデル


 

滑らかで仕上がりが美しい造形物
紫外線硬化樹脂をインクジェット方式で一層ずつ積層させるマルチジェットプリンティング(MJP)方式。造形物表面の圧倒的な滑らかさとエッジのシャープさを特徴とし、様々なビジネスや研究向けに適している。

高速&忠実なデータ再現力
高速プリントモードにより、大型の高精細モデルをスピーディーに造形できる。材料噴出のコントロール力に優れており、データに忠実な造形物を再現可能だ。

様々な用途や工程で活用が可能
特に、品質や耐久性に優れたプラスチックパーツの造形に強く、デザイン・コミュニケーションや試作、機能テストなど製品設計から製造まで、幅広い用途に活用できる。

■造形方式:MJP方式 ■最大造形エリア:X298×Y185×Z203mm ■最小積層ピッチ:16μ(0.016mm/XHDモード) ■最大積層ピッチ:32μ(0.032mm/HDモード) ■マテリアル:紫外線硬化樹脂 ■入力データ形式:STL/SLC ■騒音レベル:約65デシベル未満 ■外形寸法:W749×D1194×1511mm ■本体重量:323kg

 

 メーカー商品ページ

関連記事はこちら

 

goods_icon.gif