ビジネスに役立つ情報サイト。 ヤマダ電機法人営業部と連動し、中小企業に役立つ経営情報やIT情報を発信します。

RSSfeed

2014.05.31 (シャニム47号掲載)

ビジネスプリンター&複合機 製品紹介1


 OKIデータ A3カラー複合機 COREFIDO MC862dn-T

 導入、運用から保守までトータルコストを削減

●高性能で大量処理に強い
プリントとコピーとも、カラー26PPM/モノクロ34PPMと生産性が高い。スキャン性能も充実している。読み取り速度はカラーで毎分29枚(300dpi時)と高速で、最大100枚をセット可能な両面同時スキャン機能とあいまって電子化もスムーズだ。大量のドキュメントをスピーディーに処理したいニーズに適する。

●多彩な機能で様々なコストを削減
自動両面プリント、片面に最大9ページを割り付けられるマルチページ印刷機能、最大8枚分の原稿を縮小して1枚の用紙に割り付けられる集約コピー、操作パネルに配置された節電ボタンなど環境性能に優れる。1枚あたりカラー11.7円、モノクロ2.8円とランニングコストも経済的だ。

●堅牢性&2つの5年間サポートで抜群の安心感
シンプルな構造で耐久性に優れたLED方式を採用。さらに、導入から5年以内に発生した故障を同社の規定に基づき無償で修理対応する「5年間無償保証」と、5年以内にメンテナンス品が規定の寿命を迎えた場合に無償交換してくれる「メンテナンス品5年間無償提供」の2つのサポートが適用される(*1)。保守コストをかけずに安心して高性能を使い倒すことが可能だ。

 

詳しくはこちら

 

 エプソン A3ビジネスインクジェット複合機 PX-M5041F

 インクジェットならではの低ランニングコスト

●高速&高画質でビジネス文書を印刷
新テクノロジー「PrecisionCore(プレシジョンコア)」を採用したプリントヘッドにより、高速&高画質(600dpi)が実現され、細かい文字や精細な線などをキレイに描写可能だ。さらに、従来からの全色顔料インクに加え、カラーマッチング技術も刷新され鮮やかさがアップ。普通紙での印刷品質が大きく向上した。

●使いやすさと耐久性がアップ
例えば、ファクスでは4.3インチの大型カラータッチパネル画面で送受信内容を確認してから操作できる他、ファクス転送機能が搭載された。また、無線LAN環境がなくともスマホなどから印刷できる「Wi-Fi Direct」に対応するなど、話題のモバイル連携が強化された。耐久性は普通紙印刷で8万ページ。従来からの2段フロントカセット(計500枚を収納可能)や大容量ブラックインクとあいまって、業務印刷を確実にサポートしてくれる。

●インクジェットならではの低ランニングコスト
印刷費はカラー1枚あたり約7.2円、モノクロ同2.4円。レーザー方式のA3機と比べて圧倒的に低コストで、同社試算では年間約20万円ものコスト削減が可能という(*2)。消費電力量の低さもインクジェットならでは。コスト削減力も健在だ。
(*2)A4カラーで1日100枚×月20日を想定
 

詳しくはこちら

 

 ブラザー A3ビジネスインクジェット複合 PRIVIO MFC-J6970CDW

 印刷速度が従来比2倍! 超高速複合機

●忙しい現場をサポートする高速性
新エンジン搭載により印刷速度は同社従来機から2倍に。国際標準化機構(ISO)に準拠した規格でカラー約20ipmという圧倒的な高速プリントが実現されている。また、ADFではヨコ向き給紙に対応した高速モードを採用することで、スキャンスピードが大幅に向上。コピーやスキャナーも快適だ。

●自動両面プリント&両面同時スキャンはA3対応
用紙消費の削減に直結する自動両面プリントを標準搭載し、ページレイアウト機能との併用により最大8分の1まで節約することができる。A3用紙にも対応する両面同時スキャン、クロだけ印刷、インク節約モード、手差しトレイ、様々なスキャンtoといった豊富な機能がビジネスを支える。

●充実したモバイル&クラウド連携

同社提供の専用ソフト「Brother iPrint&Scan」、iPhoneやiPad向け「AirPrint」、「Google Cloud Print」、無線LAN環境がなくともスマホなどから印刷できる「Wi-Fi Direct」、さらにはNFC(近距離無線通信技術)規格対応の「タッチdeプリント&スキャン」などを搭載し、モバイル端末との連携による新たな活用が可能だ。
 

詳しくはこちら

 

 

<<前へ  | 次へ>>

記事一覧に戻る

 

 

 

  goods_icon.gif