ビジネスに役立つ情報サイト。 ヤマダ電機法人営業部と連動し、中小企業に役立つ経営情報やIT情報を発信します。

RSSfeed

2009.05.20 (シャニム27号掲載)

キヤノン シングル機|A3カラー Satera LBP9100C

消費電力の低減化を徹底追求
ローコストで導入可能なA3カラー機

カラー出力速度 20枚/分
モノクロ出力速度 20枚/分
両面印刷機能 標準搭載
ランニングコスト(*1) カラー 12.4円、モノクロ 2.9円

キヤノン Satera LBP9100C

 キヤノンのプリンターといえば、性能もさることながら“省エネ”が代名詞。同社独自のオンデマンド定着方式と先進の環境テクノロジーにより消費電力の低減化を徹底追求した本機は、その名にふさわしい電力コスト削減モデルである。実際、国際エネルギースタープログラム(*2)のTEC基準(*3)では、0.81kWhを達成。クラス最小値(2009年2月24日現在)の実現に加えて、待機時消費電力が1Wと実使用下でのコスト削減効果が大きい。
 また、メンテナンスが容易な「一体型トナーカートリッジ」や、操作感を重視した「クローズアシスト機構」など、様々な使いやすさを実現。中でも用紙対応力の高さは必見だ。長尺(最大1200mmの長尺印刷に対応)や非定形用紙など幅広く対応。さらに、1mm単位で用紙サイズを自由に設定できるペーパーフィーダーユニットがオプションで用意されている。給紙容量は最大2000枚。コスト削減を実現しながらも、幅広い印刷物の活用が可能な魅力のシングル機だ。

 

プリンタスペック比較表

△クリックするとスペック比較表が拡大表示されます。

 

メーカー商品紹介ページへ