ビジネスに役立つ情報サイト。 ヤマダ電機法人営業部と連動し、中小企業に役立つ経営情報やIT情報を発信します。

RSSfeed

2013.09.10 (シャニム44号掲載)

商品研究2 ビジネスプリンター 製品紹介

 

 A3カラーLED複合機 OKIデータ COREFIDO MC862dn-T

 無償保証が魅力のCOREFIDO2対応A3複合機

COREFIDO2対応のA3カラー複合機だ。

本機の導入から5年以内に発生した故障を同社の規定に基づいて無償で修理対応する「5年間無償保証(*1/*3)」と、5年以内にメンテナンス品が規定の寿命を迎えた場合に無償交換してくれる「メンテナンス品5年間無償提供(*2/*3)」の2つのサポートサービスが適用されるので、保守コストを抑制できる。

高速出力が動作時間を短縮し、標準搭載の自動両面印刷機能は用紙消費量を、両面同時スキャンはコピーやファクス、文書の電子化を効率化する。

ランニングコストは1枚当たりカラー11.7円/モノクロ2.8円と経済的。

TCO削減が大いに期待できると圧倒的な人気だ。

詳しくはこちら

 

 A3カラーレーザー複合機 LEXMARK X925de

 老舗プリンターメーカーの法人向け高性能複合機

LEXMARKといえばコンシューマ向けインクジェットプリンターで有名だったが、現在は法人向け複合機&プリンターを主力に展開している。

「X925de」はカシオとの協業による国内向け初のモデルであり、さらに本機は増設カセット1段と専用キャスターをセットにしたヤマダ電機の特別モデルだ。

10.2インチの大型カラー液晶タッチパネルを搭載し、機能別アイコン表示を採用したナビゲーションシステムは使いやすく、ショートカットでの素早いアクセスや印刷ジョブなどをプレビューできる。

高速出力、自動両面印刷や両面スキャン標準対応など基本性能が充実。スマートフォンやタブレット端末からの印刷にも対応する。

詳しくはこちら

 

 A3インクジェット複合機 エプソン Offirio PX-1700F

 A3ノビまで対応の高性能インクジェット複合機

ビジネス向けにレーザー機とインクジェット機を両輪で展開するエプソンOffirioブランドのビジネスインクジェットモデルだ。

「狭い場所での生産性向上とコスト削減」をコンセプトとした本機は、コンパクトながら用紙サイズはA3ノビまで対応。

フチなし印刷との併用で、ポスターや店内掲示物などの内製が可能だ。出力性能はPPM最速値でカラー/モノクロとも毎分約34枚だ。

自動両面印刷や無線LAN、モバイル機器連携などは標準対応。最大給紙容量は500枚(250枚×トレイ2段)で製品寿命は6万ページと、ビジネス用途でも十分な耐久性を持つ。

インクには、鮮明かつ水濡れに強い顔料系が全色に採用されている。

詳しくはこちら

 

 A3インクジェットプリンター 日本HP HP Officejet 7110

 低価格で高機能を実現したA3ノビ対応機

ビジネス向けインクジェットプリンターの老舗ブランドであるヒューレット・パッカードのA3プリンターだ。

魅力は、コストパフォーマンスのよさ。実売2万円を切る価格帯ながら、用紙サイズはA3ノビに対応し、インクはにじみに強い全色顔料系インクを採用。オプションで自動両面印刷機能を付加することもできる。

また、充実のモバイル連携機能は必見。本機に割り当てたメールアドレスにファイルを送信するだけで、どこからでもプリント可能な「HP ePrint」、iPadやiPhone向け「AirPrint」などに対応しており、PCを起動していなくともモバイル機器からドキュメントやWebページ、画像など様々なファイルを簡単に出力できる。

アイデア次第で新たなビジネスチャンスにつながりそうだ。

詳しくはこちら

  

 A3カラーレーザープリンター カシオ SPEEDIA GE5000-BR

 新発想! 赤黒の2色トナーで印刷コストを削減

常に革新的な提案型製品を世に送り出しているカシオ。そのプリンターブランドがSPEEDIAだ。

本機は、“2色(赤と黒)プリント専用”という斬新なコンセプトを持つモデルである。2色トナー方式なので、4色トナー方式の一般カラー機に比べランニングコストや消耗品のストックスペースを削減できる。

学校や塾の教材、オフィスの見積書や契約書などのビジネス文書、店頭POPなど、赤と黒の2色で間に合う印刷物は多い。

印刷時に書式を選択するだけで自動的に2色変換できるので、既存のフルカラーのデータもそのまま使用可能だ。

同社ハイスペック機のGE5000をベースとした基本性能は申し分ない。要注目の新モデルだ。

詳しくはこちら

  

 A4カラーレーザープリンター ブラザー JUSTIO HL-3170CDW

 価格&機能が魅力の高性能スタンダードモデル

スタンダードクラスの価格を維持しながら、ワンランク上の性能と機能を備えた人気のA4カラープリンターだ。

出力速度はカラー/モノクロとも毎分22枚で、自動両面印刷機能を標準搭載し、ネットワークは有線/無線LANの両対応である。

専用アプリケーションソフト「Brother iPrint & Scan」や、iPhone/iPad搭載機能の「AirPrint」により、スマートフォンやタブレット端末からダイレクト印刷が可能だ。

さらに、無線LAN環境がなくとも、Wi-Fi機能搭載のモバイル機器と接続してプリントできる「Wi-Fi Direct」にも対応する。レーザーやLED方式で、AirPrintとWi-Fi Directに対応したのは国内では本機が初という。

詳しくはこちら

  

 A4モノクロレーザー複合機 キヤノン Satera MF4870dn

 ユーザビリティが好評の高速モノクロ機

SateraのA4モノクロ複合機シリーズで、特に人気が高いのが本機だ。

ファクスやスキャナーなどのコア機能はもちろん、自動両面印刷、ネットワークなど必要な機能をひと通り装備したオールインワンモデルである。

毎分25枚の高速出力やファーストコピータイム9秒以下といった高い基本性能もさることながら、使いやすいユーザーインターフェースが好評だ。

例えば、アニメーション表示にも対応する見やすい5行漢字液晶モニターを搭載した操作パネルは、チルト方向に角度調整ができるので、使いやすい位置に合わせることができる。

また、多彩なショートカットキーは高機能を便利に活用できるなど、とにかく使いやすいモデルだ。

詳しくはこちら

 

 (*1)メンテナンス品(定着機ユニット/転写ローラ/ベルトユニット/給紙ローラーセット)および消耗品(トナーカートリッジ/イメージドラム)の費用とその交換工賃(出張費含む)は保証期間内でもユーザー負担。 (*2)メンテナンス品の交換作業はユーザーが行う。交換作業を依頼する場合、工賃(出張費含む)はユーザー負担となる。 (*3)OKIデータ指定の消耗品などを継続して使用することと、ユーザー登録することが必要 (*4)ipm(image per minute)は1分間に出力できる枚数のことで、国際標準化機構(ISO)の定めた条件に基づく。PPMはメーカー条件による

 

<<前へ  | 次へ>>

記事一覧に戻る

 

 

 

  goods_icon.gif