ビジネスに役立つ情報サイト。 ヤマダ電機法人営業部と連動し、中小企業に役立つ経営情報やIT情報を発信します。

RSSfeed

2013.05.31 (シャニム43号掲載)

賢く使おう!! 「省エネ設備補助金」 1


LED照明業務用エアコン入れ替えの好機!

予算総額310億円!「エネルギー使用合理化事業者支援事業」
小規模事業者を対象にした省エネ設備補助金も新設
新たにグリーン投資減税の対象機種に指定されたLED照明

 

予算総額は310億円

 国は法人に対する省エネ設備の普及拡大に本腰を入れ始めた。LED照明や最新式の業務用エアコンなど、省エネルギー効果が大きく期待できる設備の導入に対して、その導入を補助する事業を急ピッチで強化している。

 まず、注目すべきは「エネルギー使用合理化事業者支援事業」だ。これは法人格を有するすべての事業者を対象としており、既存の照明や業務用エアコンなどを最新の省エネ型設備(LED照明、最新業務用エアコン等)へ入れ替えた際に、その費用の最大1/3を補助する制度だ。予算総額は310億円を予定するなど、大規模なものとなっている。

 ただし、前提条件として省エネ設備への入れ替えにより、事業所全体で「エネルギー率を1%以上、またはエネルギー量を500kL以上(原油換算)削減できること」としている。このため事業所全体のエネルギー使用量を把握でき、省エネルギー計算が可能なことが求められる。

 こう書くと一般的な中小企業などには敷居が高そうにも思える。ただし、心配は無用だ。ヤマダ電機の場合、「補助金申請代行サービス」を行なっており、ユーザーの負担が極力低減できる体制となっている。着手金が無料の成功報酬式サービスなので、気軽に相談できるのではないだろうか。

 同支援事業は省エネ設備導入後、1年間の実績を測定し報告しなければならない義務がある。その結果、省エネ量計画値が未達の場合、補助金の返還を求められる可能性もあるだけに、導入実績の豊富なヤマダ電機は頼もしいパートナーとなるはずである。

 

小規模事業者への補助金

 さて、今年度の省エネ設備補助金で特筆すべきは、小規模事業者を対象にした「エネルギー使用合理化事業者支援事業(小規模事業者実証分)」が新設されたことだ。

 同事業の対象は、商業・サービス業が従業員5人以下、その他の業種が従業員20人以下で、既存設備をLED照明や業務用エアコンに入れ替えた場合、その費用を最大で1/3まで補助するもの(補助対象費は150万円以下)。

 前述した全事業者対象の補助金よりもハードルがかなり低いため、使いやすい制度といえるだろう。

 小規模事業者にとって照明や空調の電気代は、経費に占めるウェートが大きいだけに、ぜひとも活用した制度である。

 他にも「住宅・建築物省エネ改修等推進事業」なども用意されており、省エネ設備への入れ替えをしやすい環境が急速に整えられてきた。しかも、この夏の電力供給不足や電気代の高騰などを考えれば、省エネ設備への入れ替えは「待ったなし」ではないだろうか。

 自社にとって最適な制度はどれなのか──。まずはヤマダ電機法人コーナーで相談してみてほしい。

 補助金とは別に、省エネ設備に対する減税制度も今年度は強化された。「グリーン投資減税」の対象機器として、新たにLED照明が加えられたのだ。LED照明等の二酸化炭素排出削減効果が見込める設備を、2016年3月末日までに導入した際に、以下の優遇制度のうち、どちらか一方を選択できる。

  1. 青色申告の中小企業者(資本金1億円以下)と個人に限り、設備取得価額の7%の税額を控除
  2. 青色申告の法人または個人を対象に、普通償却に加えて取得価額の30%を限度に特別償却

 ただし、前述した補助金等の交付を受けて取得した設備は、グリーン投資減税の対象から除外されるので注意が必要だ。また、高効率な空調設備も対象となっているが、一部の大型機種に限定されるもようだ。

 

表  2013年度(平成25年度)に公募予定の主な補助金

 

初期投資ゼロのLED照明導入
「ESCO(エスコ)事業とは?」

ESCO(Energy Service Company)事業とは、LED照明への入れ替えなど省エネルギー改修にかかる初期費用を、その改修効果(節電により削減された電気料金)で賄う事業。 ヤマダ電機がESCO事業者となり、個々のユーザーに応じた最適なLED照明の設計から施工、資金調達やフルメンテナンスまでを行なう。

 ユーザーは基本的にLED導入前の電気料金と同等以下の額を負担し、その一部をヤマダ電機の「ESCOサービス料」として充当する仕組みである。(図)。

 契約期間終了後は削減された電気料金は、すべてユーザーの利益として活用可能。詳細はお近くのヤマダ電機法人営業コーナーまで! お気軽に!!

 

 

 

<<前へ  | 次へ>>

記事一覧に戻る

 

 

goods_icon.gif