ビジネスに役立つ情報サイト。 ヤマダ電機法人営業部と連動し、中小企業に役立つ経営情報やIT情報を発信します。

RSSfeed

2013.05.31 (シャニム43号掲載)

世界のブランド 「ヤマダ」に集結! 9


ヤマダの施工・保守管理で「10年システム保障プラン」あり!
発電事業への参入を、もっと身近に!

小規模太陽光発電所パック
 

「高利回りが魅力」ヤマダのソーラー

投資回収シミュレーション
 

(本シミュレーションの前提条件)
1kWhあたりの年間発電量は全国平均値にて算出。地域により数値は異なります。折半屋根、パネルを南向き30度設置にした場合。固定資産税やその他の税は考慮しておりません。年間平均発電量、及び年間平均発電金額は20年間使用した場合の平均値。本シミュレーションには保守点検費用、保険料等の費用は含まれていません。     
※実際の投資回収期間とは差が生じる場合があります。

 

 

その1 太陽光発電の各種目安値を試算する公式

その2 電気料金の目安を試算する公式

法人の電気料金は基本的に「電力量料金」と「基本料金」の2つで構成されています。電力量料金は電気の使用量に応じて支払う料金で、一般的に節電とはこの部分の節約です。
基本料金は契約電力に応じて支払う料金で、LED照明への入れ替え等では、この部分の節約も可能になります。

※)上記の公式は目安値です。
詳細なシミュレーションはヤマダ電機法人カウンターでお気軽にご相談ください。

ヤマダ電機「太陽光発電専用コールセンター」
0120-107-282
(受付時間 AM10:00〜PM7:00)※一般家電のお取り次ぎはできません。 

 

 

<<前へ  | 次へ>>

記事一覧に戻る

 

 

goods_icon.gif