ビジネスに役立つ情報サイト。 ヤマダ電機法人営業部と連動し、中小企業に役立つ経営情報やIT情報を発信します。

RSSfeed

2013.05.31 (シャニム43号掲載)

商品研究1 ビジネスプリンター 製品紹介

 

A3カラーLED複合機
OKIデータ COREFIDO MC860dn-t

生産性アップとTCO削減の両立を実現

本モデルは、COREFIDO2対応のA3カラー複合機である。“信頼とTCO削減”というブランドコンセプトが余すことなく実現されており、店頭でも圧倒的な人気だ。注目ポイントは、導入から5年以内に発生した故障を同社の規定に基づいて無償で修理する「5年間無償保証(*1/*3)」と、同じく5年以内にメンテナンス品が規定の寿命を迎えた場合に無償交換してくれる「メンテナンス品5年間無償提供(*2/*3)」というサービスが提供されること。もともと定評があった耐久性と独自の保守サービスにより、導入ユーザーからの信頼は厚い。高い基本性能に加え、低ランニングコストや豊富な機能なども魅力である。

詳しくはこちら

 

A4カラーレーザー複合機
キヤノン Satera MF8380Cdw

 フルスペックが魅力の小型A4カラー複合機

Sateraブランド中でも、スタイリッシュなボディデザインに凝縮された高性能が人気のA4カラーレーザー複合機「8000番台」シリーズ。本機は、そのハイエンドモデルだ。魅力は、トレンド機能をほぼすべて網羅しているといってもよいフルスペックである。自動両面印刷や無線LANを標準装備し、最大50枚をセットできるADFは自動両面読み取り対応なので表裏印刷資料のコピーやスキャンも効率的にこなせる。独自のオンデマンド定着技術と省エネ設計により、TEC値0.89kWhという低消費電力化を実現。SOHOやA4機を中心に扱うオフィスはもちろん、店頭設置、ワークグループ用途にも活躍してくれる。

詳しくはこちら

  

A3インクジェット複合機
エプソン Offirio PX-1700F

 ビジネス向け機能満載のインクジェットA3機

本機は、Offirioブランドを展開するエプソンのビジネスインクジェットモデルだ。「狭いスペースでの生産性向上とコスト削減」をキーワードに、コンパクトながら用紙サイズはポスターや店内掲示物などの内製も可能とするA3ノビまで対応。2段カセットで最大500枚の用紙を収納でき、耐久枚数は6万ページと大量印刷にも問題ない。出力性能はカラー印刷8ipmで、PPM最速値ではカラー/モノクロとも毎分約34枚だ。自動両面印刷や無線LANは標準搭載、普通紙でも鮮明かつ高画質に印刷でき水濡れにも強い顔料系インクを全色で採用するなど、ビジネスに役立つ機能が満載である。

詳しくはこちら

 

A3インクジェット複合機
ブラザー JUSTIO MFC-J6710CDW

 ハイスペックでビジネスに応えるA3複合機

SOHOや小規模事業者だけでなく様々な業種や業態でビジネスインクジェット機が注目されており、ブレイクのきっかけとなったのがJUSTIOのA3カラー複合機シリーズ。本機は、その最新モデルである。プリンター/コピー/スキャナー/ファクス/PCファクスといったコア機能はいうまでもなく、フォトメディアキャプチャーや有線/無線LANなどのインターフェースが充実。最大給紙容量500枚(2段トレイ採用)、「インク節約モード」、封筒や厚紙などの印刷も可能な手差しトレイなど、ビジネスに有用で豊富な機能を標準搭載する。幅広く活躍するハイスペックモデルだ。

詳しくはこちら

  

A4インクジェット複合機
日本HP Officejet 150 Mobile AiO

外出先にも持ち出せるA4モバイル複合機!

複合機はオフィスで使うもの——そんな常識を覆すモデルが本機である。プリント/コピー/スキャンなどの基本コア機能を、ノートPCサイズ並みの筐体に搭載。重さもわずか3.1kgで、同梱のリチウムイオンバッテリーは満充電で最大約500枚を印刷できる。営業先へ持ち出すのはもちろん、電気代が安い夜間に充電して昼間はバッテリー駆動によりコストを削減するといった使い方も可能だ。ネットワークには非対応だが、Bluetooth対応のパソコンならプリント機能の使用が可能だ。USBメモリーやSDカードからのダイレクトプリント、いずれかのインクが切れてもプリントできる機能を搭載するなど利便性の高さも魅力である。

詳しくはこちら

 

A3カラーレーザープリンター
カシオ SPEEDIA GE5000-BR

新発想でコスト削減を実現する2色印刷モデル

数々の隠れた名機が揃うSPEEDIAブランドに、斬新な発想のプリンターが登場した。2色(赤と黒)印刷専用の本機だ。2色トナー方式なので、4色トナー方式の一般カラー機に比べラニングコストや消耗品のストックスペースを削減できる。学校の教材や書類、オフィスの見積書や契約書といったビジネス文書、店頭POPなど、赤と黒の2色で間に合う印刷物は多い。印刷時に書式を選択するだけで自動的に2色変換できるので、既存のフルカラーのデータもそのまま使うことが可能だ。基本性能などは、ハイスペック機のGE5000をベースとしているので申し分ない。要注目の新モデルである。

詳しくはこちら

 

A3モノクロレーザー複合機
コニカミノルタ bizhub 1830f

コンパクト&省エネ設計が魅力のモノクロ機

本機は、コピー/プリンター/スキャナー/ファクスのコア機能を小さな筐体に集約したモノクロ複合機だ。特長は、一見して目を引くコンパクトな本体サイズ。A3モデルながら、増設カセットを装着しなければデスクトップにも設置が可能な最小クラス(*5)の省スペース性が魅力である。標準給紙容量は350枚だが、オプションで2タイプの増設用給紙ユニットが用意されており最大2000枚を収納できる。また、同社従来機から節電時消費電力が約95%も低減され、実使用に近い省エネ指標であるTEC値が1.61kWhという点も見逃せない。ファクス非搭載のモデルも用意されている。

詳しくはこちら

 

<<前へ  | 次へ>>

記事一覧に戻る

 

 

goods_icon.gif