ビジネスに役立つ情報サイト。 ヤマダ電機法人営業部と連動し、中小企業に役立つ経営情報やIT情報を発信します。

RSSfeed

2013.02.28 (シャニム42号掲載)

2013春 最新モデルガイド 日栄インテック PR

 

豊富なラインナップ&仕様変更対応
魅力のプレミアムライトLED蛍光灯

 

  • プレミアムライトシリーズは約400製品が揃う圧巻のラインナップ
  • 製造はすべて国内で行なう純国産のLED蛍光灯
  • 設置先の環境に合わせてカスタマイズが可能
  • 他分野で培った技術とノウハウを転用して実現された優れた品質

 

 

 

 

 ヤマダ電機が扱うLED蛍光灯ラインナップで注目のモデルが、日栄インテックの「Premium Light(プレミアムライト)」シリーズだ。

 5~6万時間の長寿命、消費電力や二酸化炭素排出量の大幅カット、水銀不使用といった基本的なLEDのメリットはもちろん、広い配向角度による安定した照明環境、地震などで万一の落下による粉砕にも飛散しない素材の採用など、独自の配慮も盛り込まれている。

 それでいて、イニシャルコストを抑えられるお得感も魅力。低価格品の多くは海外生産が一般的だが、プレミアムライトはエコ工場と呼ばれる千葉の拠点を中心に、すべて国内工場で生産されており、品質と信頼性の点も申し分ない。

 そして、何よりも導入先のニーズに応えられる柔軟さと対応力の高さで定評がある。同社担当者も、「要望に合ったタイプが必ず見つかる。当社製品になければ他メーカーにもない」と胸を張るほどだ。

 実際、プレミアムライトシリーズの直管型LED蛍光灯やコンパクト蛍光灯型LED照明では、明るさや電源タイプはもちろん、規格、電球色、工事の要不要などにより様々なアイテムを用意している。その数は型番レベルで、実に400製品にも及ぶ圧巻の製品群が揃う。

 LED蛍光灯には基本構造の違いから種類があり、どのタイプが最適かは設置環境などにより異なるだけに、豊富なプレミアムライトシリーズなら最適なものが見つかるはずだ。

 

技術と革新に支えられた高品質

 だが、話はこれで終わらない。プレミアムライトは単に既製品が充実しているから対応力が高いというだけではなく、光量や消費電力、電色の調整、素材の選択など導入先の設置環境に合わせてカスタマイズできる。

 例えば、医療機関などでは器機類に影響を与える電磁波を抑制したいといった要望が強い。そこで、できるだけ電磁波の発生を抑えた素材に置き換えた仕様にするといったことが可能だ。

 カスタマイズのレベルは高く、「病院の手術室に導入できるモデルも提供できる」(前出の担当者)。工場や一般オフィスなど、様々な場所の特殊事情にも対応できることも、同ブランドが注目される秘密である。

 1974年創業の日栄インテックはLED照明の他、配管・電設材の製造販売や立体駐車場装置の企画・製造・販売・保守、太陽光発電システムなどの事業を手がけている。

 もともと配管支持金具の大手として展開してきたが、配管事業や立体駐車場事業で培った技術力や品質の信頼性をベースに、太陽光発電事業などのエネルギー環境分野に参入。2010年に機械式駐車場事業などで培われた電気制御技術を応用して、LED照明事業へと新たに乗り出した。

 こうした高い技術力と企業文化ともいえる 革新性が、魅力的なプレミアムライトを生み出したわけだ。

 評判は瞬く間に広まり、わずかな期間にオフィスビルや官公庁、公共施設や工場、大型量販店、飲食店、病院など様々な施設や業態で導入実績を積み上げている。

 導入コストの償却期間シミュレーションや、最適な照明環境が得られるかどうかの照度シミュレーションなど、LED照明の導入をトータルに支援する体制も整う。LED蛍光灯のモデル選びの際に、選択肢の筆頭に位置づけてはいかがだろうか。

 


  

<<前へ  | 次へ>>

記事一覧に戻る


 

 

 

 


    goods_icon.gif