ビジネスに役立つ情報サイト。 ヤマダ電機法人営業部と連動し、中小企業に役立つ経営情報やIT情報を発信します。

RSSfeed

2013.02.28 (シャニム42号掲載)

2013春 最新モデルガイド ブラザー PR

 

充実ラインアップが魅力のジャスティオ
注目はベストセラー機「MFC-J6710CDW」

  • ジャスティオには千差万別のニーズに適した数々のモデルが揃う
  • A3複合機「MFC-J6710CDW」はベストセラー機に
  • 売れている理由は基本性能や多彩な機能が大きく進化したこと
  • 旅行券が当たるキャンペーン開催で導入を検討するきっかけに

 

 SOHOや中小企業、あるいはワークグループなど様々な業種業態、組織が存在する中では、ドキュメント活用のスタイルも多様だ。当然、複合機やプリンターに対するニーズが異なることは言うまでもない。

 現場にフィットする最適なモデルを選びたい、そんな思いを実現してくれるブランドが「JUSTIO(ジャスティオ)」だ。

 理由はラインナップの豊富さ。「狭いスペースでも便利で使いやすく最大限に生産性をアップさせる」ことをコンセプトに、モノクロやカラーはもちろん、エントリー向けからハイエンドまで様々なスペックを持つモデルが数多く用意されている。

 その中、本誌が注目したのはオフィスで注目を集めているビジネスインクジェット機。ジャスティオは同カテゴリーの火付け役であるだけに、A3カラー複合機シリーズで4ラインアップを揃えている。

 この充実のラインアップで、発売以来のベストセラー機として売れているのが「MFC-J6710CDW」だ。

 
スキャン速度がパワーアップ

 MFC-J6710CDWは、イニシャルやランニングコストなどの問題からA3カラー機の導入を断念していたユーザーに圧倒的な人気となったMFC-6490CNから、基本コンセプトを継承しながら性能や機能を大きく進化させたモデルである。

 スマートフォン/タブレット端末の普及を背景に、最近はビジネス書類や資料の電子データ化に対するニーズが従来以上に高い。この点、スキャン性能が高速化されたMFC-J6710CDWなら、ドキュメント電子化を効率化することができるはずだ。

 同社従来機とのスキャン速度を比べた左図を見てほしい。12ページのビジネス文書を読み取る場合、カラーで約91秒と約1.4倍に、モノクロは約62秒で約1.8倍と、いずれも従来機からスピードアップしている。最大35枚を搭載して連続読み取りできるADFとの併用により、大量の文書もスムーズに電子化が可能となる。

 もちろん、出力性能もアップしている。ヘッド部のノズル(インク吹き出し口)数や印刷機構を見直したことで、カラー10ipm/モノクロ12ipmを実現。従来機からカラーで約2.2倍も高速化された。例えば、12ページのファイルをカラー印刷する場合、約330秒を要した従来機に対してMFC-J6710CDWは約150秒で完了する。

 新規はもちろん、大人気だった前モデルを導入しているユーザーのリプレイスとしても魅力的だろう。

 

ビジネス現場で役立つ機能満載

 また、MFC-J6710CDWはビジネスの現場から寄せられた様々な要望を反映して開発されたことも注目点だ。

 例えば、「インク節約モード」である。類似の機能は、レーザー機ではトナーを節約してランニングコストを下げられると要望が強く、搭載モデルが増えている。だが、本稿執筆時点では同機能を搭載したビジネスインクジェットはジャスティオのみ。もちろん、本機にも備わっている。

 ジャスティオのインク節約モードを選択すると、通常モードに比べて発色を淡くすると共に輪郭を強調したプリントやコピーとなる(上図)。読みやすさを犠牲にすることなく、インク消費量を抑えることが可能だ。

 インクジェットといえば低ランニングコストが魅力で、MFC-J6710CDWもA4カラー1枚当たり約6.6円。インク節約モード機能でコスト削減効果は、さらに高まりそうである。

 この他、手差しトレイの搭載もユーザーの声を反映したもの。本体背面から前面へ排出されるストレート給排紙タイプなので、たわませたくない用紙や厚紙などにも印刷可能だ。

 インクジェットならではのフチなし印刷と併用すれば、ビジネス文書だけでなく販促物など様々な印刷物を内製できる。

 有線/無線LANやフォトメディアキャプチャーなどのインターフェースを標準装備。さらに多彩な「スキャンto機能」、「2in1 IDカードコピー」など紹介したい機能は挙げればキリがない。ぜひ、店頭で体感することをお勧めする。

 今なら、2月8日〜3月31日まで抽選で10万円の旅行券が当たるキャンペーンが開催中だ。これを機に、MFC-J6710CDWをはじめ魅力満載のジャスティオ製品の導入を検討してはいかがだろうか。思い立ったら、ヤマダ電機法人カウンターに足を運んでほしい。
 

 

 

人気の「MFC-8520DN」は
ハイクラスに匹敵するスタンダード機!


 ジャスティオのA4モノクロ複合機ラインアップで、「MFC-8520DN」が人気だ。実売5万円を切る普及クラス機並みの価格帯ながら、ハイエンドクラスに迫る性能と機能を備えたハイコストパフォーマンス機であることが理由である。

 最大の注目ポイントは、両面同時スキャンに対応していること。「普及クラス機への両面同時スキャン機能の搭載は画期的」というだけに、同機の人気をけん引する要素となっている。

 出力性能は、プリント/コピーとも毎分36枚、自動両面プリント機能を標準で装備しており、迅速な文書作成を支援する。ファクスでは送受信対応のPCファクスを搭載し、通信コストの削減が可能なインターネットファクス(*1)も備えるなど、充実のコア機能が魅力だ。

 給紙能力は、別売オプションの増設トレイにより最大800枚まで対応。さらに、消耗品を効率的に交換できる分離型トナー&ドラム方式の採用で実現された1枚当たり2円(*2)の低コストに加え、装置寿命30万枚という高い耐久性が、印刷ボリュームの多いヘビーユースにも安心である。

 この他、身分証明書などの表裏を原寸で用紙の片面に印刷できる「2in1 IDカードコピー」や多彩な「スキャンto機能」、「2Way給紙&排紙」など利便性に優れた機能を備える。

(*1)ブラザーのホームページよりソフトのダウンロードが必要
(*2)トナーのみ交換時。ドラムも交換した場合のランニングコストは、1枚あたり2.7円

 
  詳しくはこちら

  

<<前へ  | 次へ>>

記事一覧に戻る


 

 

 

 


    goods_icon.gif