ビジネスに役立つ情報サイト。 ヤマダ電機法人営業部と連動し、中小企業に役立つ経営情報やIT情報を発信します。

RSSfeed

2013.02.28 (シャニム42号掲載)

2013春 最新モデルガイド LED蛍光灯

 

日栄インテック 「プレミアムライト」シリーズ

カスタマイズ対応可能な国内製LED蛍光灯

 

メーカー商品ページ

 日栄インテックが展開するLED蛍光灯が、「Premium Light(プレミアムライト)」シリーズ。

配管・電設材の製造販売や立体駐車場事業などで培った技術とノウハウを転用し、事業コンセプトである革新性をベースに開発された様々な製品が揃う。

明るさや規格、電源タイプ別など型番レベルで実に400製品ものラインナップが用意されている。

例えば、本誌掲載のコンパクトLED蛍光灯(FPL36W型/FPL55W型)は既存のコンパクト蛍光灯器具を流用でき、1つの電源装置で2灯まで対応可能。

電球色と昼白色の2色がある。プレミアムライトの魅力は充実した製品群もさることながら、対応力の高さで定評がある。

光量や消費電力、電色調整、素材選択など導入先の設置環境とニーズに合わせてカスタマイズが可能で、医療機関などに対して電磁波の発生をできるだけ抑えた仕様に変更した製品を提供するといったことができる。

LED蛍光灯には海外製品も少なくないが、プレミアムライトはすべて国内製という点も安心である。

 

エコ・トラスト 「トラストライト人感センサー」シリーズ

LED&センサーのW省エネでコスト削減力アップ

メーカー商品ページ

 

 エコ・トラストの直管型LED蛍光灯「TrustLight(トラストライト)」シリーズといえば、従来から効率のよさが高く評価されてきた。

この高効率モデルに「人感センサー」を搭載した最新製品が「トラストライト人感センサー」だ。これは熱により人の動きを感知し、不要な時には明るさを落として点灯を制御する仕組み。

具体的にはセンサーから140度の範囲(高さ約10m)で人影を感知すると通常点灯し、30秒間動きがないと待機状態となり照度は通常の約30%の明るさ(照度は任意設定可能)となる。「LED」と「センサー」の両軸で、従来型からの置き換えはもちろん、一般的なLED蛍光灯に比べても効果的な省電力環境を実現できる。

廊下や通路などへの設置にお勧めだ。同社試算では、従来型40W蛍光灯に比べ、「トラストライト人感センサー40WS」は年間電気代を約8割も削減できるという(*1)。

本誌紹介の40W型と110W型の標準と高輝度タイプの他、20W型もラインナップされており全5モデルが揃う。安心の日本製だ。

(*1)従来型:消費電力45W/1日12時間/年間250日/電気代23円、トラスト人感センサー:消費電力(1日3時間18W/同9時間5.5W)/年間250日/電気代23円

 

 

 

 

<<最新モデルガイドへ  | 次へ>>

記事一覧に戻る


 

 

 

 


    goods_icon.gif