ビジネスに役立つ情報サイト。 ヤマダ電機法人営業部と連動し、中小企業に役立つ経営情報やIT情報を発信します。

RSSfeed

2012.11.30 (シャニム41号掲載)

商品研究2 プロジェクター 製品紹介

 

エプソン
Offirio EB-1776W

軽量1.7kgと3000lmを両立したベストセラー

3LCD方式として世界最薄44mm、重さ1.7kgながら、3000lmもの高輝度を実現したニューモデルだ。しかも、定評ある「ピタッと補正」がさらに進化。設置して電源を入れれば傾きや移動を検知して、自動でタテヨコの台形補正とフォーカス調整が可能だ。スクリーン投影時に自動で枠に合わせる「フレームフィット」機能とあいまって、より簡単・迅速な使用環境を実現した。短焦点レンズや前面排気、スマホ対応など、利便性にも優れる。

詳しくはこちら

 

NEC
ViewLight NP-L51WJD

Wi-Fiにも対応する1.2kgの超軽量LEDモデル

光源にLEDを採用し話題となったL50WJDの後継モデル。一番の特長は、重さ1.2kg、薄さ43mmの小型ボディを継承しつつ、Wi-Fi接続対応となったことだ。添付の無線LANユニットを装着すれば、スマートフォンやタブレットPCに保存した画像やOfficeファイル、PDFなどを投写できる。しかも、本体内部に電源を内蔵しており、ACアダプターは不要。携帯性では群を抜くモデルだ。電源オンから4秒で画面表示する「クイックスタート」など利便性にも優れる。

詳しくはこちら

  

カシオ
グリーンスリムプロジェクター XJ-A256

普及価格帯で実現された
高性能&多機能モデル

光源にLED(赤)とレーザー光(青、緑)を用いるカシオ独自のハイブリッド光源を採用。そのメリットは、ランプ不使用による水銀フリーと、2万時間の長寿命(光源)を実現したこと。さらには薄さ43mm、重さ2.3kgのスリムボディでありながら、3000lmものトップクラスの明るさを実現できたのも、LEDとレーザー光とを組み合わせたハイブリッドならでは。明るさ、環境配慮、携帯性を高次元で融合したモデルである。

詳しくはこちら

 

日立ソリューションズ
超短投写モデル CP-AW251NJ

超短投写の代名詞。
25.6cmで80型投写を実現

スクリーンから本体前面まで、わずか25.6cmで80型スクリーンを投写可能なモデルとして人気のAW251。発表者の背後に本体を設置できるため、プレゼンテーションのスタイルを大きく変革できることで注目されている。しかも、デスク上に画像を投写する「机上投写」にも対応しており、少人数のミーティングやグループワークなどにも最適だ。コーナーフィット機能の搭載により、画面の湾曲をリモコンで微調整でき、セッティングも容易になっている。

詳しくはこちら

  

JVC
4K対応シアタープロジェクター DLA-X95R

進化した映像処理技術で
自然な4K映像を再現

臨場感あふれる4K映像を実現する「e-shift2」テクノロジーを、新たに搭載したシアタープロジェクターの最高峰。独自の映像処理技術「Multiple Pixel Control」との相乗効果で、より自然な4K映像の再現できる。コントラストも業界最高の13万:1を実現しているが、これは独自のD-ILAデバイスやワイヤグリッドを採用した光学エンジンの改良などによるもの。クロストークが大幅低減した3D映像など、高画質を徹底的に満喫するための最適アイテムといえる。

詳しくはこちら

 

<<前へ  | 次へ>>

記事一覧に戻る

 

 

goods_icon.gif