ビジネスに役立つ情報サイト。 ヤマダ電機法人営業部と連動し、中小企業に役立つ経営情報やIT情報を発信します。

RSSfeed

2012.11.30 (シャニム41号掲載)

エプソン Offirio PX-605F

A4カラーインクジェット複合機

増設に適したビジネスインクジェット機

 

カラー9.5ipm
自動両面印刷
両面対応ADF
標準給紙251枚
節電性能2W(*1)
有線/無線LAN

プリンター/コピー/ファクス/スキャナーなどのコア機能を一体化したインクジェットタイプの高性能&高機能なA4カラー複合機だ。初期設定でカラー9.5ipm、PPM実測値ではカラー/モノクロとも毎分38枚と高速出力である。さらに、自動両面印刷や両面対応ADF、有線/無線LANを標準搭載する他、iOSやAndroid向け無料アプリケーションソフト「Epson iPrint」に対応しており、スマートフォンやタブレット端末などを操作してネットワーク接続された本機からドキュメントを印刷できる。低ランニングコストも魅力で、Offirioブランドの同等クラスレーザー機と比べカラー1枚当たりの印刷コストは約2分の1だ。設定手順に合わせて使用可能なボタンだけが光る「カンタンLEDナビ」を搭載しており、迷うことなくスムーズに操作できるなど使い勝手がよい。装置寿命6万ページと耐久性も高く、ビジネスに安心して使える1台だ。

 

●印刷速度(*2):カラー約9.5ipm(PPM最速値毎分約38枚)/モノクロ約15ipm(PPM最速値毎分約38枚) ●コピー速度(*3):カラー/モノクロとも印刷速度に準ずる ●ウォームアップタイム:— ●ファーストプリントタイム:カラー約15秒/モノクロ約10秒 ●自動両面印刷機能:標準 ●ネットワーク:有線/無線LAN ●標準給紙容量:251枚(トレイ250枚/手差しトレイ1枚) ●最大給紙容量:251枚 ●ADF:最大30枚 ●消費電力:動作時約17W/レディー時約6.2W/スリープモード時約2W ●稼働音:動作時49dB(A) ●ランニングコスト(*5):カラー約9.1円/モノクロ約2.6円 ●装置寿命:6万ページ ●本体サイズ:W449×D417×H243mm ●質量:9.1kg

 

(*1)スリープやパワーセーブ時など節電モードでの消費電力 
(*2)出力速度はA4サイズでの最高時。実際の速度は印刷文書、使用しているPCスペックやアプリケーションソフトなどのIT環境により異なる 
(*3)コピー(複写)速度はA4サイズ時。等倍 
(*4)A4サイズ時。コピー開始から終了までの時間 
(*5)ランニングコストの算出条件は使用インク容量や用紙の種類、印刷データなど各メーカーの条件により、実際のコストは印刷条件により変わる

 

 メーカー商品ページ

関連記事はこちら

 

goods_icon.gif