ビジネスに役立つ情報サイト。 ヤマダ電機法人営業部と連動し、中小企業に役立つ経営情報やIT情報を発信します。

RSSfeed

2012.06.10 (シャニム39号掲載)

節電対策機器特集 1  PR1

OKIデータ

COREFIDO 2シリーズに待望のA4機
シングル機と複合機の6モデルが登場

5年間無償保証とメンテナンス品5年間無償提供が魅力
COREFIDO 2シリーズに待望のA4モデル6機種が一気に登場
本誌の注目はA4カラーLEDプリンター「C301dn」
エントリーモデルの概念を覆すハイコストパフォーマンス

 

 2008年10月に、業界初の「5年間無償保証(*1、*2)」を実現したOKIデータが、さらなる安心・コスト削減を追及して具現化したサービスが「メンテナンス品5年間無償提供(*2、*3)」だ。

 この2つを組み合わせたのが「COREFIDO 2(コアフィード・ツー)」シリーズ。2011年11月に第一弾モデルとして3機種を投入したが、このほどA4対応のシングル機4モデルと同複合機2モデルの計6機種が投入され、大幅にラインナップが拡充された。

 新モデルはシングル機のA4カラーLEDプリンター「C531dn」「C511dn」「C312dn」「C301dn」、A4カラーLED複合機の「MC562dn」「MC362dn」である。

 いずれも高画質や省スペース性といったLED方式ならではの特長がいかんなく発揮された魅力的なモデルだが、ヤマダ電機法人事業部としてのお勧めはC301dnだ。

 理由は、何といっても低価格クラスのエントリーモデルとして位置づけられているが、OKIデータが長年にわたり培ってきた技術が余すことなく盛り込まれ、エントリーモデルの概念を変える性能を持っているからだ。

 

圧倒的なコストパフォーマンス

 C301dnは、低価格機ながら、出力性能はカラー毎分20ページ、モノクロ同22ページという十分なスペックを備える。しかも、自動両面印刷機能を標準で搭載しており、カラー/モノクロとも毎分11ページというアウトプットだ。

 低価格機では犠牲にされがちな節電面や耐久性などへの配慮にも余念がない。電力削減では、一定時間が経過すると自動的に電源をオフにするオートパワーオフ機能を搭載。装置寿命は、エントリークラスとしては圧倒的な30万ページという高い耐久性が実現されている。

 こうした性能が、世界最薄(*4)のコンパクト設計ボディに凝縮されており、デスクサイドやデスクトップでも圧迫感なく設置が可能だ。カウンターやSOHOなどで、ドキュメント利用の生産性アップに貢献することは間違いない。

 そして、何より保守料金や劣化部品の交換などのメンテナンス費用が、5年間無償保証とメンテナンス品5年間無償提供という2つのサービスにより担保され、保守負担が軽減されている。

 メーカー希望価格が5万円を切るだけに、実売は2万円台を期待できる。初期投資や保守費を抑えることが可能な本機は、これまでCOREFIDOに魅力を感じながら、導入を控えていたユーザーに最適といえそうだ。

 今号ではC301dnを押したが、新モデルはいずれ劣らぬ魅力が満載されている。語り尽くせぬ実力をヤマダ電機に足を運んで、ぜひとも見て感じてほしい。

(*1)メンテナンス品(定着器ユニット/ベルトユニット/給紙ローラセット)、および消耗品(トナーカートリッジ/イメージドラム)の費用と交換工賃(出張費含む)は保証期間中でもユーザー負担。また、5年間無償保証を受けるにはユーザー登録が必要となる
(*2)OKIデータ指定の消耗品のみを特定の期間継続して使用することが必要
(*3)メンテナンス品の交換作業はユーザーで行なう。交換作業を依頼する場合、工賃(出張費含む)はユーザー負担。メンテナンス品無償提供を受けるにはユーザー登録が必要となる
(*4)自動両面印刷に対応したカラーLED/レーザープリンターの高さにおいて(オペレーションパネルの突起含まず)。2012年4月現在。同社調べ

 

 

 

<<前へ  | 次へ>>

記事一覧に戻る

 

 

 

goods_icon.gif