ビジネスに役立つ情報サイト。 ヤマダ電機法人営業部と連動し、中小企業に役立つ経営情報やIT情報を発信します。

RSSfeed

2012.06.10 (シャニム39号掲載)

商品研究2| デジタルカメラ

撮影の幅を広げる交換レンズで
写真に変化をつけよう!

交換レンズは撮影可能領域を広げてくれる道具
28ミリ(広角)、50ミリ(標準)、85ミリ(中望遠)、200ミリ(望遠)が代表的な焦点距離
風景、マクロ、ポートレート、スポーツなどには必須の交換レンズも立は独自機能の超短投写機を投入
明るい標準レンズを持っていると重宝する

 

 デジタル一眼レフやミラーレス一眼の楽しさは、多彩な交換レンズが用意されていることだ。

 まずは交換レンズの基礎知識を説明しよう。「〜ミリ」という数字(焦点距離*1)が小さいほど広角となり、遠近感が誇張され広く写し込むことができる。逆に、この数字が大きいほど望遠で、遠近感は小さくなり被写体を大きく捉えることができる。

 また、人間が見るのとほぼ等しい範囲を写すものが標準レンズとよばれる。なお、カメラメーカーによって表記する数字が異なるので、詳しくは図をごらんいただきたい。

 さらに、焦点距離を変えることができるレンズをズームレンズという。レンズ交換の手間が少ないので現在の主流だ。広角から標準、あるいは中望遠までのズームレンズとカメラがセットされていることが一般的だ。

 かつてズームレンズが開発途上にあった頃、プロやハイアマチュアと呼ばれる人たちは、撮影時に単焦点の交換レンズをいくつも持ち歩いていた。当時はズームレンズの画質が単焦点レンズに及ばなかったためだ。だが、今ではプロでもズームレンズだけで仕事ができるほど、画質は向上した。

 にもかかわらず現在でも多彩な交換レンズが存在するのは、ズームレンズ1本だけではうまく撮れない写真があるからだ。例えば一眼レフには、魚眼レンズなどの超広角レンズ、超望遠レンズ、マクロレンズや大口径レンズなど、さまざまなレンズが揃っている。これらは撮影可能領域をより一層広げてくれる。

 

代表的な交換レンズ

 代表的な交換レンズを説明しよう。まず、広角レンズならば28ミリ相当(*2)。旅行先で周囲の風景を入れて記念写真を撮る時、あるいはあまり広くない室内で撮るにもちょうどいいだろう。

 一方、望遠レンズは85ミリ相当から長いレンズをいうが、中望遠レンズともいわれる85ミリは、人間が凝視した時に見る範囲に等しく、女性ポートレート撮影などに最適とされる。被写体を歪ませずに、自然な距離感と遠近感で捉えることができるからだ。

 そして、望遠レンズとして本格的なものは200ミリ相当だ。遠くの被写体をぐっと引き寄せて写すことができる。運動会で走る子どもや野球やサッカーの試合には、もう少し長い300ミリ相当があれば万全だろう。

 これら28ミリ相当から300ミリ相当までのレンズがあれば、たいてい9の撮影ができるはずだ。

 

用途別の使い分け

 では、具体的な交換レンズの使用例を見ていこう。

 まずは風景写真だ。遠近感を誇張して写せる超広角レンズを使えば、画面にダイナミックな力強さを与えることができる。望遠で風景の一部を切り取ることも面白いので、望遠レンズもあると便利だ。また、自然の中で天候を気にせずに撮影を行なうならば、防塵・防滴仕様のレンズがいい。

 花や植物、昆虫などをクローズアップする場合や、テーブルフォトなどで静物を撮るには、近接撮影が得意なマクロレンズがほしい。もちろん、近接しない撮影でも使える。身近な静物の近接撮影には標準マクロレンズが便利だ。

 また、花を撮る場合には望遠マクロレンズがいい。被写体から少し離れることができ、自分の影で被写体の邪魔をせず、背景もぼかしやすいので扱いやすい。

 そしてスポーツや野鳥、航空機などの、遠くにあって高速で動く被写体を撮るなら、200ミリ相当以上の望遠レンズの出番になる。特にサッカーの試合では、安全対策として観客席が離れて設けられる傾向がある。しかも、選手の動きを止めるには大口径超望遠レンズが必要だ。こうした用途にはキットレンズだけでは対応が難しい。

 さらに、レンズ交換式カメラの面白さは多彩な絞りの使いわけにもある。例えば、被写体の背景を大きくぼかした写真を撮るには、開放絞り値(*3)が明るいレンズが必要だ。そこで、明るい標準レンズを1本持っていたら何かと重宝するはずだろう。小型軽量で価格も手ごろなところも見逃せない。

 交換レンズはこのように、撮影の幅を広げて写真をもっと楽しくする道具だ。ヤマダ電機店頭でも、さまざまなレンズを手にとって試すことができる。ぜひ気軽に相談してみてほしい。

(*1)写る範囲を示す数字。数字が小さいほど写る範囲が広くなり、数字が大きくなるほど狭くなる
(*2)本稿では35ミリフルサイズに換算しての焦点距離を用いる
(*3)レンズの絞りを最も開いたときの数値。数字が小さいほうが明るいが、レンズは大きくなる

 

●製品紹介

スリム&高画質で楽しい撮影機能も満載
JVC GZ-V590

全自動もこだわり撮影も一台でOK
キヤノン EOS Kiss X5

 

 

 

<<記事一覧に戻る

 

 

 

goods_icon.gif