ビジネスに役立つ情報サイト。 ヤマダ電機法人営業部と連動し、中小企業に役立つ経営情報やIT情報を発信します。

RSSfeed

2013.05.31 (シャニム43号掲載)

ブラザー JUSTIO MFC-J6710CDW

 

豊富な機能がドキュメント活用を便利に

 

 ビジネスインクジェット機をオフィスで活用するSOHOや企業などが急増中だが、ブレイクのきっかけといえばJUSTIOのA3カラー複合機シリーズ。その最新モデルが本機だ。プリンター/コピー/スキャナー/ファクス/PCファクスのコア機能に加え、有線/無線LANやフォトメディアキャプチャー、最大給紙容量500枚や2段トレイの採用、「インク節約モード」など豊富な機能を標準で搭載する。ストレート給排紙対応の手差しトレイも備えており、インクジェットならではのフチなし印刷との併用でポスターやPOPなどの作成に役立つ。幅広く活躍するハイスペックモデルである。

●対応用紙サイズ:最大A3 ●インクシステム:4色独立インクカートリッジ方式(黒色に顔料インク採用) ●印刷速度(*11):カラー10ipm/モノクロ12ipm ●コピー速度(*11):カラー6ipm/モノクロ6ipm ●自動両面印刷機能:標準 ●ネットワーク機能:有線/無線LAN ●標準給紙容量:500枚(250枚×2段)/手差しトレイ1枚 ●最大給紙容量: 500枚 ●ADF:最大35枚 ●消費電力:コピー時平均約26W/待機時平均約7W/スリープ時平均約3.5W ●ランニングコスト:6.6円 ●本体サイズ:W540×D489×H331mm ●質量:約18.2kg

(*11)ipm(image per minute)は1分間に出力できる枚数のことで、国際標準化機構(ISO)の定めた条件に基づく。PPMはメーカー条件による

 メーカー商品ページ

関連記事はこちら

 

goods_icon.gif