ビジネスに役立つ情報サイト。 ヤマダ電機法人営業部と連動し、中小企業に役立つ経営情報やIT情報を発信します。

RSSfeed

2011.11.30 (シャニム37号掲載)

日本HP Officejet 7500A


ビジネスインクジェットの草分けブランド
多機能を集約した低コストが魅力のA3機

 

印刷速度(*1)
カラー32PPM/
モノクロ33PPM
自動両面印刷機能
非搭載
ネットワーク機能
有線/無線LAN
標準給紙容量
150枚
節電性能(スリープ時)
約4.1W
ランニングコスト
約7.6円

ビジネス向けインクジェット機の草分け的な存在が、日本HPの「Officejet(オフィスジェット)」。経済的な導入コストながら、多彩な高機能を備えたコストパフォーマンスに優れた豊富なラインアップが揃っていることが大きな魅力である。本機は、その中からヤマダ電機が勧める1台だ。プリンター/コピー/スキャナー/FAXなどのコア機能を搭載しA3対応モデルで、無線LANや同社独自の「HP ePrint」などの付加機能を備える。ePrintは、複合機に割り当てられたメールアドレスにファイルを送るだけで印刷できる機能。例えば、外出先でスマートフォンから操作してオフィスの7500Aからドキュメントを出力するといったことが可能だ。このほか、多彩な「スキャンto」やタッチスクリーン操作パネルなどを装備しており、メイン機としても十分に活用できる性能や機能を持つモデルである。

●印刷速度(*1):カラー32PPM/モノクロ33PPM ●インク:4色独立型/K(顔料系)、CMY(染料系) ●ウォームアップタイム:── ●ファーストプリントタイム:カラー──/モノクロ── ●自動両面印刷機能:非搭載 ●ネットワーク対応:有線/無線LAN標準 ●標準給紙容量:150枚(フォト用紙40枚、カード40枚、封筒15枚) ●最大給紙容量:150枚 ●ADF:標準/最大35枚 ●メモリーカードスロット搭載 ●消費電力:印刷時20W/待機時6W/スリープ時4.1W ●稼働音:標準印刷時53dB(A)/最速印刷時59dB(A) ●装置寿命:── ●本体サイズ:W606×D426×H293mm ●質量:14 kg ●メーカー希望価格:オープン(参考:メーカー直販価格税込2万4990円

(*1)印刷速度は最高時。印刷する文書、使用するPCやアプリケーションソフトなど環境により異なる

 

 メーカー商品ページ

関連記事はこちら

 

goods_icon.gif