ビジネスに役立つ情報サイト。 ヤマダ電機法人営業部と連動し、中小企業に役立つ経営情報やIT情報を発信します。

RSSfeed

2011.09.10 (シャニム36号掲載)

商品研究 PR|日本HP


省エネ性に優れる「Officejet 7500A」
 「e Print(メールdeプリント)」は要注目

●圧倒的なラインアップが魅力の「Officejet」シリーズ
●省エネ、低ランニングコストでオフィスのエコに貢献
●スマホからのプリントも可能になる「e Print」

  

 ビジネスインクジェットのラインアップを9製品揃えている日本HPの「Officejet」シリーズ。様々なオフィスニーズを満たせることで注目が集まる同シリーズだが、中でもトータルバランスに優れ、口コミなどで人気急上昇中なのがA3カラーインクジェット複合機「Officejet 7500A」だ。

 7500Aはプリンター/ファクス/コピー&スキャン(A4)などを1台に集約したA3カラーインクジェット複合機。ビジネス使用に十分なスペックを持ち、エコへの貢献度も高い機種だ。

 元々インクジェット方式はレーザー方式に比べて機構が複雑でないため、本体が軽量であったりイニシャルコストの低さなどが魅力。特に①省エネルギー、②ランニングコストには特筆すべきものがある。

 ①省エネルギーを表すものとしてHP独自の検証によれば、国内メーカー主要3社のA3カラーレーザー複合機の1週間の消費電力平均が約5,000Wh程度に対して、7500Aはその数値の約1割の消費電力で済むという調査結果を出している。

 また、インクの消費量に関わる②ランニングコストの削減にも余念がない。A4、1枚あたりの印刷コストは約7.6円。一般的なA3カラーレーザーが約15円/枚であることを考えれば半額程度になる。また、増量タイプのインクカートリッジを使用すれば、カラー印刷で約1200枚もの出力が可能(*1)。しかも4色の独立インクなので無駄なく使え、交換も容易に行なえる。


モバイルから「e Print(メールdeプリント)」

 コンシューマーのみならずビジネスマンのスマートフォン利用も年々増加傾向だ。それに伴いスマートフォンからのプリント要望も出始めている(*2)

 Officejetでは既に「e Print(メールdeプリント)」という独自機能を用意してニーズを先取りしている。使い方は至って簡単。プリントアウトしたいプレゼン資料や写真などをOfficejetのメールアドレス宛に送信するだけ。専用ドライバーが不要なのも使い勝手をよくしている。

 何よりビジネスマンにうれしいのはワードやエクセルはもちろんながら、パワーポイントやPDFファイルもページごとに展開して出力してくれること。画像もJPEGなど一般的な形式にはほとんど対応している。急ぎの案件や要望に威力を発揮してくれること間違いなしだ(e Printの使い方・制限事項については、日本HPホームページを参照)

 7500AはA3サイズの印刷が可能ながら、OfficejetのA4複合機と比較しても非常にコンパクトでスタイリッシュ。また、無線LANにも対応しているので、スペースが限られた場所にも設置できるのがうれしい。

 現在LABIを中心に黒い筐体が特長のHP製品のラインアップが続々と展示されている。Officejetの実力をぜひ一度店頭で確かめてみてはいかがだろうか。

 

(*1)増量タイプのインクカートリッジを使用した場合。また、実際の印刷可能枚数は、使用するプリンター機種とその印刷方法によって異なる

(*2)iPad・iPhone4・iPhone3GS・iPod touch(第3世代以降)ユーザなら「AirPrint」にも対応
※ iPad・iPhone4・iPhone3GS・iPod touch(第3世代以降)は米国および他国のApple Inc.の登録商標です。
※ AirPrint、AirPrintロゴはApple Inc.の商標です。

 

「e Print(メールdeプリント)」の使い方

    

A3カラー複合機

 HP Officejet 7500A

 
  詳しくはこちら
 
 

 

商品研究1 ビジネスプリンター

  日本HP | キヤノン | ブラザー | コニカミノルタ |OKIデータ

商品研究2 ビジネスソフト

 

 

 

<< 記事一覧に戻る

 

 

goods_icon.gif