ビジネスに役立つ情報サイト。 ヤマダ電機法人営業部と連動し、中小企業に役立つ経営情報やIT情報を発信します。

RSSfeed

2011.09.10 (シャニム36号掲載)

商品研究1|ビジネスプリンター


最新機の注目は省エネ、保守、etc.
進化した機能で快適な節電を実現

●リプレイスするだけで節電可能な最新機の実力
●消費電力や消耗品のムダ使いを抑制する機能も満載
●保守サポートの点からも広がる選択肢
●自動両面スキャン機能で書籍や表裏印刷書類の電子化も便利

  

 高性能化と多機能化が進むビジネスプリンターの最新モデルで、注目したいポイントは①省エネ、②保守サポート、③スキャナー機能──この3つである。

 まず、電力不足対策として節電が義務づけられたことや、環境負荷軽減への関心の高まりなどを背景に、プリンター選びの上位項目に挙げられているのが①省エネだ。

 この点、数年前の機種を最新モデルにリプレイスするだけで、節電を実現できる。例えば、本誌紹介のエプソンのモノクロA4プリンター「LP-S120」は2009年発売の前機種に比べ、約35%の低消費電力化を実現。A3カラーの上位機では、90%も低減したモデルも用意されている。

 では、最新モデルの節電能力が高い理由を自社でも取り組める節電策と合わせながら見ていこう。

 プリンターの節電では、いかにスリープ/待機/稼働時の消費電力を抑えるかが重要だ。特に、スリープ時や待機時の消費電力低減が効率的な節電につながる。よほどヘビーユースのオフィスでもない限り、稼働時間よりも印刷待ちの時間が圧倒的に長いからである。

 実際、最新モデルのスリープモード時の消費電力は大きく低減されている。例えば、センターマシンとなるA3カラー複合機では十数Wから20W台、インクジェット採用のブラザーは数Wというレベルだ。

 また、待機状態が一定時間続くと自動的にスリープなどの省電力モードへ切り替わるが、この移行時間が短いほど節電効果も大きい。多くの最新モデルでは、ユーザーによる移行時間の設定変更が可能だ。通常はこれを最短時間に設定し、印刷が集中する時間帯には長くするといった工夫により、使い勝手を犠牲にせず節電を実施できるだろう。

 稼働時の消費電力削減では、その時間を短縮することが重要。可能な範囲でまとめて印刷したり、1枚に数ページ分を集約できる割付印刷(*1)などを使って出力時間を短くしたい。

 スリープから稼働状態へと移行するウォームアップも電力を消費する要因だ。これに関しては、キヤノンの独自オンデマンド技術が優れる。印刷に必要な機能部分だけに電力供給されるので消費電力を削減でき、立ち上がりが早いので印刷の待ち時間も短縮できる。今号のA4カラープリンター「LBP7010C」にも採用されている。

 ムダな電力消費の要因で意外に多いのが、ミスプリントによるもの。カシオ計算機「N3600」など、間違ってかけた印刷指示をワンボタンで解除できる機能を備えた機種もあり、こうした節電機能を賢く使いたい。

 

ブラザーが長期無償保証に対応

 ビジネスで使う以上、安心して活用したいというのがユーザーの本音だろう。この点、充実した②保守サポートに対応していることも最新モデルのメリットだ。

 例えば、OKIデータである。今や同社COREFIDOブランドの代名詞ともなった「5年間無償保証」は、通常の1年保証が5年間にわたり適用されるとあって人気が高い。ヤマダ電機が勧めるA3カラー複合機「MC860dtn」も対象モデルであり、センターマシンとして安心して導入できる。

 ブラザーは、「長期無償保証」に対応した「JUSTIO PRO」ブランドを新たに発表した。オンラインユーザー登録を行なうことで、通常の1年間無償保証期間が終了しても、コスト負担せずに最大5年まで保証期間を延長できる。新製品のA3カラーインクジェット複合機「MFC- J6910CDW」は同ラインアップの第1弾モデルで、3年間の無償保証に対応する。

 万一の修理対応だけでなく、定期点検なども含めてサポートをメーカーに任せたいというニーズには、コニカミノルタが最適だ。多彩な保守メニューが用意されており、中でもA3カラー複合機「C200R」は、低コストで充実したサポートが提供されると小規模オフィスから注目されている。

 一方、複合機の③スキャナー機能も関心を集めている。スマートフォンやタブレット型端末の普及を背景に、電子書籍化ニーズが高まっていることが理由だ。自動両面スキャン機能を備えた最新モデルは書籍や雑誌、ビジネスで目にする機会が多くなった表裏印刷の書類などの電子化にも利便性が高い。

(*1)メーカーにより機能名が異なる

    

A3カラーLED複合機

 OKIデータ COREFIDO MC860dtn

5年間無償保証&高耐久の群を抜く安心感
低ランニングコストも魅力の人気モデル

 
  詳しくはこちら
 
 

A3カラーレーザー複合機

 コニカミノルタ bizhub C200R

低コストで充実したサポートが大きな魅力
保守負担から解放されたいオフィスに最適

 
  詳しくはこちら
 
 

A3カラーインクジェット複合機

 ブラザー JUSTIO MFC-J6910CDW

SOHOや小規模オフィスに朗報届く
A3カラー機に長期無償保証モデル登場

 
  詳しくはこちら

A3カラーレーザープリンター

 カシオ計算機 SPEEDIA N3600

高性能・省エネ・高セキュリティの三拍子
オフィスに必要な性能と機能を備えた逸品

 
  詳しくはこちら

A4カラーレーザープリンター

 キヤノン Satera LBP7010C

国内最薄クラス、高い環境性能と静音設計
コストパフォーマンスの高いパーソナル機

 
  詳しくはこちら

A4モノクロレーザープリンター

 エプソン Offilio LP-S120

低コストで導入し経済的に使える新モデル
オフィスのパーソナルユースにお勧め

 
  詳しくはこちら

A4カラーインクジェットプリンター

 日本HP Officejet 100 Mobile

デスクトップ機並の性能を小型筐体に凝縮
幅広い用途で使える人気のモバイルモデル

 
  詳しくはこちら

A4カラーLED複合機

 OKIデータ COREFIDO MC561dn

注目度抜群の高性能&高耐久のA4機

 
  詳しくはこちら
 

A4モノクロインクジェットプリンター

 エプソン Offirio PX-K100

経済性追及した高コストパフォーマンス機

 
  詳しくはこちら

 

 

商品研究1 ビジネスプリンター

  日本HP | キヤノン | ブラザー | コニカミノルタ |OKIデータ

商品研究2 ビジネスソフト

 

 

 

<< 記事一覧に戻る

 

 

goods_icon.gif