ビジネスに役立つ情報サイト。 ヤマダ電機法人営業部と連動し、中小企業に役立つ経営情報やIT情報を発信します。

RSSfeed

2011.05.31 (シャニム35号掲載)

ビジネスプリンター  コニカミノルタ|製品紹介

印刷枚数の少ないオフィスにも最適
低コストの充実保守が嬉しいC200R

●充実の高品質保守サービスといえばコニカミノルタの代名詞
●ヤマダ電機法人営業所のオススメは「bizhub C200R」
●低コストで充実のサポートが特徴の「コピーキット契約」対象機
●bizhubならではの様々な配慮も大きな魅力

 
 “保守サービスの充実”した複合機として真っ先に名前が挙がるブランドは、コニカミノルタの「bizhub(ビズハブ)」だ。
 
 コピー機時代から長年にわたり培ってきたノウハウに基づく高品質のサービスや優れた技術でユーザーの評判が高い。通り一遍のサービス内容ではなく、機種ごとに適した保守メニューが設定されており、そこから自社に最適なプランを選べることも導入企業などから好評価されている。
 
 高性能機から普及機クラスまで揃う幅広いラインアップが揃っていることも、bizhubブランドの特徴。その中でも、中小企業や小規模オフィスなどに向けてヤマダ電機法人営業所が勧める機種がA3カラーレーザー複合機の「C200R」だ。
 
 機種別に用意された保守メニューが小規模オフィスやワークグループ向けに適していることや、導入時のカスタマイズ性が高いことなどbizhubシリーズの魅力を堪能できることが理由である。
 

低コスト&満足の保守メニュー

 
 社員数の少ない小規模オフィスなどでは、「それほど印刷枚数は多くないが複合機の保守はメーカーに頼みたい」といった要望が意外と多い。
 だが、充実したサポートを望むほどコストがかさむことも事実。できるだけ安く抑えたいというのが本音だろう。
 
 充実した高品質の保守サポートを低コストで──この要望を実現したモデルがC200Rなのだ。
 
 注目は、本機で提供される保守メニューの「コピーキット契約」。保守料込みの専用トナーを購入して、それを継続利用する限り不具合や故障修理はもちろん、定期点検などの充実した保守サービスを受けられる。基本的にトナー費用以外に、保守を受けるためのコスト負担が必要ない。
 
 「保守料がトナー料金に含まれているので、1枚あたりの印刷コストは高くなりますが、同プランに対応したトナーを使用する限り保守が受けられます。コストは抑えたいが、保守面は任せたいという用途に最適。特に、月間の出力枚数が500枚前後のオフィスにはお勧めですね」(ヤマダ電機法人営業所)。
 
 また、最近の複合機はかなりの多機能だ。これはメリットである一方、用途によってはムダな機能が搭載されていることも。C200Rはコア機能としてコピー/プリンター/スキャナーが集約され、FAXやADFなどはオプション対応となっている。
 
 さらに、カセットトレイなどの様々な増設パーツも用意されており、ニーズに合わせたカスタマイズが可能な点も、千差万別の要望を抱える小規模オフィスなどにはメリットだ。
 
 導入時の配慮もコニカミノルタならでは。例えば、他メーカーからの乗り換えた場合は他社機を無料で引き取ってくれる。一般的には数万円のコストがかかるだけに、これが軽減されるというのも嬉しい限り。
 
 プロから見ても評判がいい画像品質の高さや、エコを意識したトナーの採用など注目点も盛りだくさん。首都圏LABIでは、実機が展示されコピーサンプルも取れる。ぜひ、最寄りの店舗へ足を運んでほしい。
 

 

A3カラー複合機

コニカミノルタ bizhub C200R

●印刷速度:カラー20PPM/モノクロ20PPM ●ランニングコスト:カラー32.8円/モノクロ8.2円(メンテナンス料など含むコピーキット契約の場合) ●ウォームアップタイム:90秒以下(主電源ONから) ●ファーストコピー時間:カラー13.5秒以下/モノクロ10秒以下 ●ADF:オプション/最大70枚 ●自動両面印刷:オプション ●ネットワーク:標準 ●標準給紙容量:250枚 ●最大給紙容量:3,350枚 ●消費電力:最大1,250W以下/スリープ10.5W(オプション無し時) ●本体サイズ:W620×D668×H648mm ●質量:約68kg ●メーカー希望価格:税別78万円

    詳しくはこちら

 
 
 
 
 

A4カラーレーザープリンター

magicolor 4750DN

 

●高速出力・高解像度・高画質出力の三拍子
●環境負荷を軽減する新設計を採用
●基本設計も見直し使い勝手がアップ

コニカミノルタ独自の印刷テクノロジー「Emperon」の最新バージョンを搭載。高速出力や標準装備の自動両面印刷機能が実現する、ドキュメント活用の効率アップとコストダウンが魅力のハイエンドモデルだ。

●印刷速度:カラー30PPM/モノクロ30PPM ●ウォームアップ時間:36秒以下(平均) ●ファーストプリント時間:カラー12.9秒以下/モノクロ12.9秒以下 ●自動両面印刷:標準 ●ネットワーク:標準 ●標準給紙容量:350枚(標準トレイ250枚+手差しトレイ100枚) ●最大給紙容量:850枚 ●消費電力:最大1,100W以下/節電モード時34W ●本体サイズ:W419×D520×H345mm ●質量:約22.3kg(消耗品含まず) ●メーカー希望価格:税別9万9,800円

 

    詳しくはこちら 

 

A4カラーレーザープリンター

magicolor 1600W

●デスクを快適にするスタイリッシュ性
●デジタルトナーHD採用で印刷品質に妥協なし
●フルフロントアクセスで設置場所も自由

強みの光学技術により開発した小型光学ユニットの搭載で実現された、凹凸感のないコンパクトボディ。動作音も49dbと国内トップクラスの静音性で設置場所を選ばない。パーソナルユースに最適なモデルだ。

●印刷速度:カラー5PPM/モノクロ19PPM ●ウォームアップ時間:約35秒以下 ●ファーストプリント時間:カラー22秒以下/モノクロ13秒以下 ●自動両面印刷:非搭載 ●ネットワーク:非対応 ●標準給紙容量:200枚 ●最大給紙容量:200枚 ●消費電力:最大970W以下/節電モード時14W以下 ●本体サイズ:W396×D380×H275mm ●質量:約11.2kg(消耗品含まず) ●メーカー希望価格:税別5万4,800円

 

    詳しくはこちら

  
 

 

 

「オフィス機器」最新モデルガイド

1.ビジネスプリンター

  製品紹介|ブラザーキヤノンOKIコニカミノルタ日本HP

2.データプロジェクター

3.ドキュメントスキャナー

 


    goods_icon.gif