ビジネスに役立つ情報サイト。 ヤマダ電機法人営業部と連動し、中小企業に役立つ経営情報やIT情報を発信します。

RSSfeed

2011.05.31 (シャニム35号掲載)

ビジネスプリンター  日本HP|製品紹介

人気モバイルモデルに後継機が登場
要チェックの「HP Officejet 100 Mobile」

●充実ラインアップが魅力のビジネスインクジェット「Officejet」シリーズ
●レーザーでは実現しにくいモバイルタイプが大人気  
●ロングセラーモデルの後継機種が発売に
●高性能&高機能を継承した新機種はビジネス用途に最適
●バッテリー駆動(オプション)が可能


 ビジネス向けインクジェットプリンターというカテゴリーで躍進している企業といえば、日本ヒューレット・パッカード(以下、日本HP)である。その魅力は、A3/A4シングル機、複合機、モバイルタイプと充実したラインアップを揃えていることだ。

  導入実績も急増中で、中小企業の一般オフィスをはじめ、POPやポスターなどを気軽に印刷したい小売店やレストラン、オフィス内のパーソナル用途など多方面で採用されている。

 レーザー方式に比べて、ランニングコストが安いなど多彩な魅力を持つインクジェットだが、本誌で注目しているのがモバイルタイプの超コンパクトモデルだ。自由に持ち歩き、場所を問わず必要なビジネスドキュメントを印刷できる利便性は高い。

 日本HPの「Officejet(オフィスジェット)」シリーズでも、モバイル機は大人気。超コンパクトながら高速&大容量インクによりストレスのない使用感を実現したH470は、発売以来長きにわたって製薬会社のMRや保険外務員、保守サポートマンといった外回りの営業担当者に選ばれてきたという。

 このロングセラーモデルの後継機種となる新製品「HP Officejet 100 Mobile」が投入された。

 

人気の性能を継承した新モデル

 カラー最高毎分18枚、モノクロ同22枚という高速性(*1)や大容量インクの採用など、旧モデルで評価の高かった性能や機能を継承。オプションだったBluetoothをインターフェースとして標準装備したことで、利用範囲も広がっている。

 もちろん、気軽に持ち歩けるコンパクト性も健在だ。外回り担当者が現場でビジネス資料を印刷する用途だけでなく、省スペース性を生かして通常のプリンターを置けないような、カウンター下の狭い空間などにも設置可能だ。

 ビジネスインクジェットの名を冠するだけあって、業務に役立つ機能も満載されている。中でも、「長時間バッテリー」「高耐久」「クロだけ印刷」などには注目したい。

 オプションで用意されているバッテリーパック「CQ775A」は、1回の充電(充電時間約3時間)で約500枚の印刷が可能。これを装着することにより、印刷ボリュームの少ないオフィスなら緊急時にメインマシンの代替機としての使用も考えられる。例えば今夏、万一に企業に計画停電が要求されるような事態になった場合に、重宝しそうだ。

 インクジェットで、しかもモバイルタイプなので耐久性を心配する声もあろう。だが、本機は月間500枚の出力にも対応できる高耐久性を備えており、日々の営業活動でも安心して出力することができる。

 また、カラーと黒の2種類のインクカートリッジを差し込む方式で、黒インク/カラーインクのどちらかが突然インク切れになっても、印刷が可能な柔軟性の高いインクバックアップ機能を搭載。外出先や夜間など、すぐにインクが入手できない状況でも、黒がない場合はカラー合成によって、またカラーがない場合はグレースケールにより印刷を継続できる。このようにデスクトップタイプなどで人気の機能を備えていることも魅力。そのコンパクトな筐体に凝縮された高性能と多機能ぶりを、ぜひ店頭で確かめてほしい。

 

A3インクジェットプリンター

HP Officejet 100 Mobile

●方式:オンデマンド型サーマル・インクジェット ●インクシステム:4色/6色(オプション)交換式 ●用紙サイズ:A4/A5/A6/B5(JIS)/L版/10×15cm/封筒(C6、DL)/ユーザ定義(76.2×101.6~215.9×355.6mm)など ●印刷速度(*1):カラー最高18PPM/モノクロ最高22PPM ●自動両面印刷機能:非対応 ●インターフェース:USB2.0High Speed/Bluetooth 2.0/Pictbridge(10×15cm)/USBスロット ●標準給紙容量:普通紙50枚 ●搭載メモリ:64MB ●消費電力:最大40W以下/待機時約5.8W/省電力モード時約2.6W ●本体サイズ:W348×D175.3×H84.4mm ●質量:約2.3kg ●メーカー希望価格:オープン

    詳しくはこちら

A3インクジェットプリンター

HP Officejet 7000

実売2万円を切る
高コストパフォーマンスが魅力のA3機

●方式:オンデマンド型サーマル・インクジェット ●インクシステム:4色独立 ●用紙サイズ:A3+/A3/A4/A5/A6/B4/B5/カスタム用紙設定(76.2×127~330.2×1117.6mm)など ●印刷速度(*1):カラー最高32PPM/モノクロ最高33PPM ●自動両面印刷機能:非対応 ●インターフェース:USB2.0High Speed/有線LAN 100/Base-TX/1oBase-T ●標準給紙容量:普通紙150枚 ●搭載メモリ:32MB ●消費電力:最大48W以下/待機時約2.7W ●本体サイズ:W574×D402×H181mm ●質量:7kg ●メーカー希望価格:オープン

    詳しくはこちら

 

 

 

「オフィス機器」最新モデルガイド

1.ビジネスプリンター

  製品紹介|ブラザーキヤノンOKIコニカミノルタ日本HP

2.データプロジェクター

3.ドキュメントスキャナー

 


    goods_icon.gif