ビジネスに役立つ情報サイト。 ヤマダ電機法人営業部と連動し、中小企業に役立つ経営情報やIT情報を発信します。

RSSfeed

2007.04.20

パイオニア 薄型大画面テレビ|「ピュアビジョン」

42V、50V、60Vのプラズマをラインアップ
黒の表現力を高める「新P.U.R.E.Black Panel」
パネルの能力を最大限に引き出す「新P.U.R.E.DriveⅡ」

19tv08.jpg

 ピュアビジョンの主力は、42V型、50V型、60V型のハイビジョンプラズマテレビだ。同シリーズは映画ファンなどを中心に独自の高画質が評価されている。それは「黒の再現力では一日の長があるプラズマパネルの特性を、最大限に引き出しているから」だという。
 プラズマパネルには「新P.U.R.E.Black Panel」を採用している。これは発光効率の向上や放電の安定化を実現した高純度クリスタル層により、引き締まった黒を再現可能な技術だ。しかも、前面フィルターのガラスを削除し、プラズマパネルとの一体化を実現した「ダイレクトカラーフィルター」との相乗効果により、外光反射率を抑え、シャープかつ締まりのある色鮮やかな映像が可能になっている。
 こうしたパネルの能力を最大限に引き出す高画質回路が「新P.U.R.E.DriveⅡ」である。中でも絵柄に合わせた最適な色合いを実現する「インテリジェントカラー」は、人の肌色の自然な質感や、芝生の鮮やかな色合いなどを忠実に再現する。
 他にも低輝度の表現や鮮鋭感を最適化する「インテリジェントダイナミックレンジエキスパンダー」、ノイズ感のない映像を再現する「デジタルノイズリダクション」、高密度でなめらかな階調表現を実現する「フレックスクリア駆動法」などによる高品位な映像は、映画ファンならずとも納得できる高画質といえるだろう。
 音質についても「新P.U.R.E.Sound」の搭載により、リアルな臨場感を実現してくれる。

PDP-607HX
●パネルタイプ ハイビジョン
●表示方式 プラズマ
●画面サイズ 60V型
●画素数 1365×768
●輝度 -
●コントラスト -
●音声出力 13W+13W
●年間消費電力量 480kWh/年
●本体寸法(cm) 147.0(W)×11.8(D)×96.8(H)※
●質量(kg) 56.3※
※スタンドなし

>> 関連記事

 

goods_icon.gif