ビジネスに役立つ情報サイト。 ヤマダ電機法人営業部と連動し、中小企業に役立つ経営情報やIT情報を発信します。

RSSfeed

2011.02.28 (シャニム34号掲載)

OKIデータ A4カラーLED複合機|COREFIDO MC561dn

SOHOや小規模事業所、ワークグループなど
高耐久のA4カラー複合機ニーズに好適

OKIデータ A4カラーLED複合機「COREFIDO MC561dn」


出力速度 カラー26PPM/モノクロ30PPM
両面印刷機能 標準搭載
ネットワーク 有線LAN
標準給紙容量 390枚
節電性能 スリープ時1.5W未満
ランニングコスト カラー12.2円/モノクロ3.0円

もともと定評ある高い耐久性に、5年間無償保証(*1)が加わった抜群の信頼性で人気を博しているのが、COREFIDO(コアフィード)シリーズ。同ブランドとして待望のA4カラー複合機となるのが、本モデルだ。コンパクト設計された筐体は、世界最薄(*2)となる高さ444mm。デスクトップに置いて座ったままでも手が届きそうな小型のボディに、カラー26PPM/モノクロ30PPMの高速出力や自動ダブル両面(自動両面印刷と自動両面スキャン)など、高性能が凝縮されている。それでいながら、実売10万円を切る価格帯が期待できるだけに、導入コストの抑制も可能だ。A4がメインのSOHOや小規模オフィス、ワークグループなどにお勧めである。

(*1)メンテナンス品(定着機ユニット/ベルトユニット/給紙ローラーセット)、および消耗品(トナーカートリッジ/イメージドラム)の費用とその交換工賃(出張費含む)は保証期間中でもユーザー負担。また、ユーザー登録が必要となる
(*2)自動両面印刷対応のカラーLED/レーザー複合機の高さにおいて。2010年9月現在。同社調べ

 

<COREFIDO MC561dnの主要スペック>

■印刷速度:カラー26PPM/モノクロ30PPM
■ファーストコピータイム:高解像度時カラー17秒/モノクロ12秒
■ウォームアップタイム:60秒以内(パワーオン時)
■両面印刷機能:標準(両面スキャン対応)
■ネットワーク対応:有線LAN標準
■標準給紙容量:390枚
■最大給紙容量:970枚
■ADF最大セット枚数:50枚
■消費電力:最大1,170W/スリープ1.5W未満
■稼働音:動作時54dBA以下/待機時37dBA
■装置寿命:5年または42万ページ
■本体サイズ:W427×D509×H444mm
■質量:約29kg
■メーカー希望価格:税別12万4,800円
■その他:可動型3.5インチワイドLCDパネル/QEWRTYキーボード装備など

 

関連記事はこちら

 

メー カー商品紹介ページ
 

 

 

<その他のビジネスプリンタ“厳選”モデル>

・コニカミノルタ A3カラーレーザー複合機「bizhub C200R」
・ブラザー A4カラーレーザー複合機「JUSTIO MFC-9460CDN」
・キヤノン A4モノクロレーザー複合機「Satera MF4580dn」
・エプソン A3カラーレーザープリンター「Offirio LP-S7100」
・カシオ計算機 A3カラーレーザープリンター「SPEEDIA N3600」
・日本HP A4カラーインクジェット複合機「Officejet 6500A Plus」

 

 

 

<< 記事一覧に戻る

 

 

goods_icon.gif