ビジネスに役立つ情報サイト。 ヤマダ電機法人営業部と連動し、中小企業に役立つ経営情報やIT情報を発信します。

RSSfeed

2011.02.28 (シャニム34号掲載)

コニカミノルタ A3カラーレーザー複合機|bizhub C200R

運用負担から解放されたいオフィスに最適
選べる保守契約とカスタマイズ性が魅力

コニカミノルタA3カラーレーザー複合機「bizhub C200R」


出力速度 カラー20PPM/モノクロ20PPM
両面印刷機能 オプション
ネットワーク 有線LAN
標準給紙容量 250枚
節電性能 10.5W
ランニングコスト カラー32.8円/モノクロ8.2円(*1)

ビジネス機器としては斬新なデザインが目を引くbizhub(ビズハブ)シリーズの特筆ポイントは、導入後の安心感。オフィスの実状に合わせて保守契約を選ぶことができるのだ。本機に用意されたプランは、購入した対象トナーを継続利用することで充実の保守サービスを受けられる「カラーコピーキットシステム」と、ユーザーの要請ごとに有償で修理を行なう「スポットシステム」の2つ。特に、前者はコストを負担せずに保守を利用できるとあって、出力枚数が少ないオフィスに人気が高い。また、コア機能として、コピー/プリンター/スキャナーを1台に集約。有償オプションでFAXやADF、給紙トレイの増設なども含め、オフィスの利用環境に合わせて柔軟に組み上げることが可能だ。不要な機能をそぎ落とせることから、導入コストの抑制にもつながる。

(*1)メンテナンス料など含む

 

<bizhub C200Rの主要スペック>

■印刷速度:カラー20PPM/モノクロ20PPM
■ファーストコピータイム:カラー13.5秒/モノクロ10秒
■ウォームアップタイム:約90秒
■両面印刷機能:オプション
■ネットワーク対応:有線LAN標準
■標準給紙容量:250枚
■最大給紙容量:3,350枚
■ADF最大セット枚数:オプション
■消費電力:最大1,250W/スリープ10.5W
■稼働音:動作時66.3dB/待機時47.6dB
■装置寿命:5年(以降は任意の年間保守契約/最長2年間)
■本体サイズ:W620×D668×H648mm
■質量:約68kg
■メーカー希望価格:税別78万円
■その他:フリーグリップ採用や配色の工夫などユニバーサルデザインの追及/高画質と環境性能に優れる独自開発の重合法トナー採用など

 

関連記事はこちら

 

メー カー商品紹介ページ
 

 

 

<その他のビジネスプリンタ“厳選”モデル>

・ブラザー A4カラーレーザー複合機「JUSTIO MFC-9460CDN」
・OKIデータ A4カラーLED複合機「COREFIDO MC561dn」
・キヤノン A4モノクロレーザー複合機「Satera MF4580dn」
・エプソン A3カラーレーザープリンター「Offirio LP-S7100」
・カシオ計算機 A3カラーレーザープリンター「SPEEDIA N3600」
・日本HP A4カラーインクジェット複合機「Officejet 6500A Plus」

 

 

<< 記事一覧に戻る

 

 

goods_icon.gif